ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年3月18日放送

2006年3月18日
 
 
プロバサー共演 出るか!ビッグバス!
〜 アメリカ レイクフォーク 〜


 今回のThe Fishingは並木敏成のアメリカ編第三弾!!1月に放送されたレイクフォークでの釣行くではビッグサイズのブラックバスを釣り上げた並木、今回は昔からの友人であるこちらもアメリカのバストーナメントで活躍する宮崎友輔との釣行となる。

 前回に引き続きレイクフォークでの釣行となった今回は序盤から気温が下がりすぎたせいもあり活性が低く、風も強い為、二人ともなかなか思うようにバスを釣り上げていく事が出来ない。しかしその悪条件の中で並木は様々なパターンを試していく。アメリカでのトーナメントに参戦している二人、その経験を生かしたアメリカでの戦い方でバスを釣り上げていく。

 しかし午前中、満足のいく釣果はでないまま実釣終了となった…午後になって水温が2度上がって、活性も良くなってきた。ここで並木と宮崎は一気に攻勢をかける、並木はクランクからスピナベイトにルアーを変えてシャローを繰り返し狙う。すると並木のロッドが次の瞬間には大きく弧を描いている。この釣り上げた一尾には並木の経験からくる戦略がある、風、水の濁りなど全てを計算に入れて釣り上げたこの一尾、その並木と宮崎の戦略が明らかになる。どうぞお楽しみに!!

● 出演者: 並木 敏成(なみき としなり)
宮崎 友輔(みやざき ゆうすけ)

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 並木 使用タックル -----
ROD STEEZ Harrior7011HFB-SV
STEEZ Top Gun631MMHFB
REEL STEEZ103H
LINE ナイロン 20lb
LURE スピナーベイト1oz
タックル図
拡大図はこちら
----- 宮崎 使用タックル -----
ROD BA-UST701MMHRB-G
BA-UST 762HRB
REEL TD-Z BIGBAIT SPECIAL
TD-Z103
LINE フロロカーボン 14lb
フロロカーボン 20lb
LURE シャロークランク
ラバージグ3/8 oz
タックル図
拡大図はこちら
水野裕子・女の釣り道 〜イワシメバル編〜
〜 神奈川県・久留和漁港 〜
難しいけど面白い。出演3年目に入った水野裕子がそんなターゲットに挑んでいる新企画“女の釣り道”。

今回はユニークなメバル釣りに挑戦する。活きたシコイワシでメバルを狙う、その名も“イワシメバル”。いわゆる尺、30cmオーバーを狙う。

向かった先は神奈川県・久留和漁港。今回の師匠はこの道30年、久留和の海を知り尽くしたかじや丸・新倉船長。

いままで2回メバル釣りを楽しんだ裕子だが、尺クラスのメバル狙いは初めて。気合いが入る。

まず大事なのは、エサのシコイワシの急所(脳)を傷付けないようにハリを通すこと。下あごから鼻先に、口をふさぐように通す。
期待の第1投目。好海草が多いので、根がかりに気を付ける。
「きたー!」。順調に釣果をのばしていく。

しかし実は同じくらいバラシもあった。この釣りでは前アタリと本アタリを見極めることが重要。それが次の課題だ。
そしてもう一つは、尺。まだ大物は来ていない。本アタリが少し分かるようになってはきているが、さて。

そして。「きたー!」。手ごたえがある。さっきまでのとは違い、重い。上がってきた。大きい。測ってみると、26cm。残念ながら尺にはもう少しだ。さて、次こそは。竿を出し続けるが、そのうち雨が激しくなってきた。残念ながら終了。

港に戻った裕子。残念ながら尺は出なかったがユニーク釣りを大いに楽しんだ。さて船長の採点は?

水野裕子のフィッシングロケ日記 2006年3月放送分
“女の釣り道”第3弾はメバル、イワシメバルです。第1弾ヒラメ、第2弾エビスズキと活餌を使った釣りが続きました。

ここで気付いたことがあります。活餌を使った釣りは、難しいです。はい。これはですね、自分なりに考えたところ、活いている餌は動きます。それもラインなり竿なりに出てしまうわけです。それを早とちりしてアタリだと思ってしまうと、本当のアタリをとることが出来ない、ということに気付きました。

今回のイワシメバルも同じく前アタリと本アタリを見極める、ここが本当に難しくて、特に食いが渋かったせいもありまして、前アタリがすごーく長かったです。イワシが泳ぎ回る。それをメバルが追いかけまわる時間が長くて、これはもういいんじゃないかな、と思って上げてしまって失敗したのが多々ありました。いやー、せっかちですね。

もうそろそろいいんじゃなかろうか、もうそろそろ食ってるだろう、じゃなくて明確に自分の中で確信をもてるようになりたいです。正直まだ自信がないです。振り返ると、かなり勘でいってるので、細かい見極めを、竿先を見て、竿を持っている感覚で、ちゃんとわかるようになりたいです。

これは経験ですね。数をこなしてしっかり体にしみこまして覚えていかないと難しいかなと思いますので、もっともっといろいろな釣りをして、がんばりたいと思います。難しかったです。

ただ、イワシメバルは活性が高ければ楽しめそうです。竿をやわらかくって、ヒキも面白いので、女の子も楽しめると思いました。イワシもゴカイなどよりは楽ではないでしょうか。また、女友だちといっしょに釣りたいと思いました。