ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年11月18日放送

2006年11月18日
 
 
ライトゲーム(7)~マダイ編~
〜 神奈川 平塚・剣崎 〜



 王者・マダイ。沖釣りの人気ターゲットとして、多くの釣り人から親しまれている。その美しい魚体。ヒットしたあとの強烈なヒキ。どれをとっても王者に相応しい…。今回のターゲットは、そんなマダイ。

 従来のマダイ釣りのタックルは、3m以上の長いロッドと電動リール。それを置き竿のスタイルで、じっくりと攻めるのが一般的だった。しかし、近年、タックルは軽量化。手持ちのスタイルへと変わってきた。

 そして、さらにマダイ釣りに革命が起こる。それは極限にまでコンパクトになった、ライトタックルの登場。1匹のマダイとのやり取りを、存分に楽しめるようになった。

 今回は、マダイ釣りをこよなく愛する大塚貴汪が、ライトタックルを使った新しいマダイ釣り“ライトマダイ”を紹介。さらに、同じライトマダイでも、場所が異なれば、釣り方や楽しみ方も変わるということで、神奈川県・平塚と、剣崎で実釣した。

 10月上旬、大塚はまず、平塚へとやって来た。平塚のスタイルは、相模湾で人気を集めているライトウィリーからヒントを得たもの。コマセを撒いて、ロッドをしゃくり、マダイに食わせるというものだ。開始早々、いきなりヒット。何と食ってきたのは、イシダイ。相模湾では、様々な魚がヒットしてくるのも面白いところだ。しかもアタリは止まらない。マダイを次々にヒット。好釣果となった。

 続いては剣崎。こちらのライトマダイは、従来と釣法は殆ど同じ。タックルをライトにしたことによって、マダイ釣りをより手軽に楽しめるようになった。剣崎での釣果、果たしていかに!?


● 出演者: 大塚 貴汪(おおつか たかひろ)

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 剣崎 大塚貴汪  使用タックル -----
ロッド
リーディング-XA64-190III
リーディング-XF ショート 165,145
ライン
UVFメガセンサー2号
テンビン
リーディングアーム 1.0mmΦ 350サイズ
コマセビシ Mサイズ40号
クッションゴム 1.5〜2mmΦ 30cm
ハリス ディーフロン船ハリス4号 7m
リール ミリオネアCV-Z 100SFR
エアド100R
ハリ マダイ8〜9号
タックル図
拡大図はこちら
----- 平塚 大塚貴汪 使用タックル -----
ロッド
リーディング-XA64-190III
リーディング-XF ショート 145
ライン
UVFメガセンサー2号
テンビン
リーディングアーム 1.0mmΦ 300サイズ
コマセビシ Sサイズ40号
ハリス ディーフロン船ハリス3号 4m
リール ミリオネアCV-Z 100SFR
エアド100R
ハリ マダイ8号
タックル図
拡大図はこちら