ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2007年4月28日放送

2007年4月28日
 
 
野池で楽しむ春のヘラブナ釣り
〜 千葉県・三島湖、亀山湖 〜






  春。魚たちがエサを食べ、活性が上がる季節。ヘラブナ釣りも最も面白いシーズンをむかえる。







 2007年4月上旬。岡崎一誠、池澤幸誠、2人の名手が、野池で春のヘラブナ釣りを楽しもうとやってきたのは、千葉県・三島湖。






 ここは、美しい自然と魚影の濃いことで有名な湖。午前5時半。朝モヤの中、ボートでポイントへと向かう。
この日2人が使うのは、16尺の長めの竿。ヘラブナのヒキを存分に味わおうという狙いからだ。





 野釣りでは、管理釣り場と違って、フィールドは広い。その中で、ヘラブナを寄せなければならない。まずは、何度かエサを打って、自分のポイントにヘラブナを集める2人。エサはバラケにウドンのセット釣り。







  実釣開始から約1時間30分で、ようやくアタリが出始めた。すると、池澤にファーストヒット!サイズは大きくないが、キレイなヘラだ。そして、その後は岡崎も連発。竿が美しい弧を描く。緑の中に溶け込む竿の曲がり。





  これが、野釣りの楽しみの一つだ。三島湖で、ゆったりと釣りを満喫した2人は、続いて、この時期ならではののっこみの大型ヘラを狙うことに。
  場所も亀山湖に移動。果たして、大型のヘラは姿を現すのか?


● 出演者: 岡崎 一誠(おかざき いっせい)
池澤 幸誠(いけざわ こうせい)

● 取材地連絡先: 亀山水産センター
0439-39-2974

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- へら仕掛け図 亀山湖 使用タックル -----
ロッド
鬼武者 玄武
道糸
2号
ウキ 弘月 彩9号
タナ
55cm
ハリス
1.5号
ハリ
上下 10号
エサ
麩マッシュ 120 / 水 120 / マッシュグルテン 30
タックル図
拡大図はこちら
----- へら仕掛け図 三島湖 使用タックル -----
ロッド
枯法師 16尺
タナ
4m50cm
道糸
スペクトロン へら 0.8
ウキ 弘月 白秋17号
ハリス
スペクトロン へら (上:0.4号 / 下:0.3号)
ハリ
(上) D-MAX へら マルチ6号 (下) D-MAX へら クワセ4号
エサ
上 バラケ・ペレ匠顆粒 120 / 水 240 / セットバラケ鬼武者 240 / ペレ匠ダンゴ 240 / 華々 120 / 軽グル 60〜120 
クワセ
タピ匠う どん 
タックル図
拡大図はこちら