ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2007年5月5日放送

2007年5月5日
 
 
水野裕子 話題のマダイ新釣法に挑戦
〜 徳島県・鳴門海峡沖 〜






 水野裕子が全国各地で気になる釣りに挑戦するフィッシングジャーニー。
今回は徳島県に出かけ鳴門海峡沖で最近話題の新釣法でマダイ釣りに挑戦する。





 カラフルなオモリからヒラヒラと伸びる数本のラバー、そしてハリ。このラバージグを使ってタイなどを釣るスタイルが3年程前から人気となっている。このスタイル、ラバージグの由来となった漁具の名をとって、タイカブラなどと呼ばれている。

 瀬戸内の漁師が使っていたカブラという漁具がルアーとしてアレンジされスポーツフィッシングに取り入れられたこのラバージグに裕ちゃんが挑戦する。教えてくれるのは、ソルトルアーフィッシングのスペシャリスト・古谷秀之。

 出船場所は、鳴門の渦潮からすぐ近くにある室港。そこから渦潮の脇を通って10分ほどでポイントに到着する。周りを見渡すと何艘もの船。全てタイカブラというから、その人気の高さが分かる。


 8時半、実釣開始。まずはラバージグを落として、着底したらすぐに巻き上げる。アクションは付けず、ただ一定のスピードで巻くだけ。10〜20メートル巻き上げ、アタリがなければまた落として巻く。あまりにもシンプルな釣り方に「本当にこれだけで釣れるの?」と半信半疑の裕ちゃん…。

 すると裕ちゃんにグググッとタイのアタリが来た。実はこの釣りはここからが大事。アタリが出てもハリが口に掛かるまで合わせずに我慢して巻き続け、しっかりとロッドに乗ってから合わせなければ掛からない。たとえ上手く掛けてもヤリトリで逃げられてしまうことも多い。ハラハラ、ドキドキ、そしてイライラ…、是非ご覧下さい。




水野裕子のフィッシングロケ日記 2007年5月放送分

今回は四国は鳴門で「鯛かぶら」なるものにチャレンジしました!

「鯛ラバー」なんて呼ばれたりもするようでして、最近メキメキと人気を伸ばしつつある釣りなのだそうです。恥ずかしながら、ワタクシ初めて知る釣りでした、はい。もともと九州や四国などで伝統的な釣法として漁師の方々が行っていた釣りということで、ヤエンに続いての秘技シリーズです☆

私は今までマダイはエサでしか釣った事がなかったので、疑似餌でタイを釣るのはすごく新鮮でした。何よりも一番有効な方法が「ひたすらタダ巻き」って事には一番衝撃を受けましたが…。ブリジギングに続きご指導いただいた古谷さんもおっしゃっていましたが、ついついアクションを入れたくなってしまうんですよね〜。

釣り好き構成作家のしげゆきさんと3人で、船上で色々と議論(?)したんですが、 マダイには一体何に見えてるんでしょうね???小さなイカか、小魚か、はたまたゴカイなのか…?それによってはアクションを付けることはありなのではないか?とは言いつつも、昔からの手作りのかぶらでマダイを釣ってきた地元の漁師さん曰く、タダ巻きが一番効果的!となればこの議論は蛇足な気もします(^^;

先人の知恵、生きる術として受け継がれてきた釣法を、さらにあの手この手を試して、ひとつの手法から、ひとつのフィッシングへと変化、進化させてきたんだなぁと思いました。こうやって色んな釣りを気軽に楽しめるのも、ひとえに世界中の釣り好 きな人達の好奇心の賜物ですね(><)

今回生まれて初めて鳴門の渦潮を見ました。少し時期は早かったようですが、はっきりと渦をこの目で見られて感動した水野です(^^)しかもそのすぐそばで立派なマダイも釣れたし!釣りと一緒に全国各地の名所を見るのもまた一興ですね♪

ご家族と一緒に釣り旅行に出掛けたい方にオススメです。



● 出演者: 水野 裕子(みずの ゆうこ)
古谷 秀之(ふるや ひでゆき)

● 取材地連絡先: 高進丸
088-688-0204
[URL] http://www1.quolia.com/turibunetakahara/

● タックル:

----- マダイ新釣法 使用タックル -----
リール
ミリオネアベイエリアスペシャル100
ロッド
ソルティストST-BJシリーズ / RUBBERJIG62(ラバージグ)/ 661HBX (メタルジグ)
ライン
UVFベイジギングセンサー16lb
リーダー
モアザンショックリーダー タイプF20lb/ ソルティガ・ショックリーダー   タイプF30lb
ラバージグ
ベイラバー30,45,60,80g
メタルジグ
SACRIFICE BAIT MADAI COLOR (マダイカラー)80,100,120g