ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2008年1月19日放送

2008年1月19日
 
 
鹿児島の磯で大型グレを狙う
〜 鹿児島・下甑島、灯台下 〜






 今回は、60センチオーバー、大型の尾長グレ(クロメジナ)を狙い、名手・鵜澤政則と榊秀之が鹿児島県の下甑島にある一級磯・灯台下で竿を出した。ここは2ヶ月前から予約が埋まるほどの人気ポイントだ。







 
朝6時、まだ夜が明けぬ磯へ上がった二人は、暗闇の中、早速準備に取り掛かる。
  いつもより入念に仕掛けを作る鵜澤と榊。相手は強烈なパワーとスピードの持ち主。少しのミスも許されない。二人とも4号のハリスをセットした。







 7時すぎ、空がうっすらと明るくなり始めると同時に実釣開始。足下には大きな魚影が見える。二人は磯際を狙い仕掛けを馴染ませるが潮が全く動かない。潮が走っていれば尾長グレは浅いタナを狙うのが有効だが、鵜澤はすばやく狙いを変えて2ヒロから3ヒロにタナを深くした。するとウキが一気に消し込んだ。強い引きに竿が大きくしなる。上がってきたのは50センチ弱、良型の尾長グレだった。








 挨拶代わりの一尾に期待が膨らむ二人だったが、その後はエサトリの猛攻に会い苦戦を強いられる。タナを浅くしても釣れるのはエサトリばかり。

 潮が動かない状況で、警戒心の強い尾長グレが太いハリスを見切ってしまっているのか。そうなると断然、細い仕掛けのほうが良い。しかし細くすると大型が掛かった時に切られてしまう。究極の選択を迫られる二人。







  それでも敢えて仕掛けを細くする二人。
3.75号、3号、2.75号まで落としたところで榊がヒット。

  慎重にヤリトリして釣り上げたのは48センチの一尾。
鵜澤も2.5号まで落とし口太の良型を連発させる。
  
  そして納竿間際、鵜澤の竿に強烈なアタリ。
今日一番のヒキ、大きな影が水中に見えた、尾長だ。








  鵜澤の足下には大きなハエ根が出ている。ラインを出せば根に逃げ込まれて切られてしまう。しかしハリスは2.5号。強引なヤリトリも出来ない。

 果たして60センチオーバー大型の尾長グレはゲットできるのか!




● 出演者: 鵜澤 政則(うざわ まさのり)
榊 秀之(さかき  ひでゆき)

● 取材地連絡先: 誠芳丸
090-7381-4570