これまでの放送:2017年3月11日

「狙って仕留める 大分メバルゲーム」

今回は高いゲーム性で人気のあるメバルゲームを紹介する。
メバルは早春から初夏にかけて最盛期を迎え釣りが楽しめる。

別名「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれる。
アングラーは大分県在住、「尺メバルハンター」の異名を持つ岩崎林太郎。
そして、博多の釣りガール“みっぴ”こと秋丸美帆。

初日、2人は大分県の北東部に位置する姫島(ひめしま)に渡った。

午後7時。港近くの常夜灯のあるポイントで竿を出す。

光のある場所にはベイトが集まりやすい、
そのベイトを求めてメバルも集まる。

まずはフローティングミノーで表層を探る。
早速、秋丸にヒット。
約15センチのメバルを釣り上げた。
いきなりのヒットに秋丸は興奮。

その後、堤防や漁港回りを巡りながら2人合わせて5尾を釣り上げた。

2日目、姫島から佐伯市へ移動。
まずはワームで攻める。

メバルは日中、藻や物陰に潜んでおり、
その際が狙い目だという。

しかし、メバルの反応はない。
やがて夜になり、常夜灯のある港に移動。
すると、表層付近までメバルが浮いてきていた。
そこで、フローティングミノーで表層付近のメバルを狙う。
すると、岩崎にヒット。
幸先よくメバルを釣り上げると、続いて秋丸もヒット。
立て続けにメバルを釣り上げた。

最終日は船で沖磯へ渡る。
岩崎曰く「沖磯のメバルはスレてなく良型が狙える」という。

メバル釣りは、やればやる程奥が深い。
また、大分は漁港や河川や地磯が多く、
釣りが出来るフィールドがたくさんある。

様々なシチュエーションで楽しめる大分のメバルゲーム。
どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
大分県・姫島、佐伯市
取材地連絡先
なし