「管理釣り場&野釣り秋のヘラブナ釣り」

次回の放送:2017年10月21日夕方5:30~6:00放送

繊細なウキの動きで水中の様子を読み取る、
日本生まれのゲームフィッシング、ヘラブナ釣り。

今回は、管理釣り場と野釣り場、
異なるシチュエーションで堪能する。
最初のフィールドは、千葉県にある野田幸手園。

ここは、圧倒的な魚影の濃さ、広さから人気を博している、
日本を代表する管理釣り場だ。

アングラーは、幼少の頃からヘラブナ釣り一筋の生井澤聡。

ヘラブナ釣りは、エサを打ち、魚をタナに寄せることから始まる。
すると、開始早々にウキが動き出した。
早くも魚が寄ってきた様だ。

気軽に行けて、魚の反応が確実に得られるのが、管理釣り場の魅力。
開始からコンスタントに数を重ねるが、思わぬ苦戦を強いられることに。
寄って来たヘラブナの数が多くてエサがタナまで持たない。
この様な状況では、アタリを取ることは難しい。
生井澤はどの様に攻略していくのか。

続いては、自然に囲まれた山上湖で野釣りを楽しむ。
訪れたのは山梨県の千代田湖。

ここは日本中のヘラ師に名を知られる憧れの釣り場。
コンディションの良い地ベラに出会えるのが魅力だ。

しばらくエサを打つと、ようやくアタリが。
瞬時に鋭くアワセを入れると、21尺の長竿が美しい曲線を描く。
力強い引きを味わい、美しいヘラブナの姿を堪能。
自然の中で味わうダイナミックなやり取り。
最高のひとときを過ごした。

ビギナーからコアファンまで、
誰もが楽しめるヘラブナ釣り。
その魅力を凝縮した30分。
どうぞお楽しみに。

場所/ポイント
山梨県・千代田湖
取材地連絡先
① 野田幸手園
TEL:04-7127-2300

② 千和 TEL:055-251-8444