次回の放送
2017年6月24日
夕方5:30〜6:00

パターンを掴んで大物連発!デイゲームで狙うシーバス

今回は、日本三大河川のひとつ、
利根川でルアーフィッシングの人気ターゲット、
シーバスを狙う。

夜行性でナイトゲームのイメージが強いシーバスだが、
今回楽しむのはデイゲーム。

デイゲームは、釣り場の状況をハッキリと読むことができ、
より戦略的な釣りを味わえる。
そして、シーバス特有のエラ洗いと呼ばれる
豪快なファイトを目の当たりにすることも出来る。

アングラーは、シーバスを得意とするエキスパート2人。

千葉県をホームとし、
様々なフィールドを駆け回るルアーマン山内勝己。
そして、どんな状況でも結果を出す
東京湾奥のスペシャリスト、大野ゆうき。

利根川は、水温が上昇するこの季節、
様々な生き物で溢れ、
ベイトを求めてシーバスが遡上してくる。

その為、シーバスが捕食しているベイトを
見極めるのが、釣果を上げるカギとなる。

入ったポイントは、川をせき止めている河口堰。
ベイトが溜まりシーバス釣りの絶好のポイントとなっている。

まず二人は、バイブレーションで広く探りを入れる。
周りには、ハク(ボラの稚魚)やイナッコ(ボラの幼魚)、
アミ(プランクトン)など
様々なベイトが確認できる。
果たしてシーバスは何を捕食しているのか。

午前中は少しの釣果とヒントを得て、
釣りを終えた。

そして午後、
堰の水門が開くタイミングで入り直すことに。

表層付近にルアーを通すと、
一投目から大野にヒット!
川に入ってきたばかりなのか、
銀鱗輝くナイスサイズ。

二人がたどり着いた答えはアミパターン。

その後は連発!
完全にパターンがハマった!
山内にも強烈なアタリが!
さらに激しいファイトを見せ、
上がってきたのは、大物ランカーサイズだ!

さらに大野ヒット!
今までと違う引きに激しいエラ洗い。
大きく弧を描くロッド、間違いなく超大物だ!

パターンの掴み方、攻め方、
掴んだときの連発劇!

シーバスフィッシングの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに

タックル

出演者

DATA

場所/ポイント 千葉県・茨城県 利根川
千葉県・茨城県 利根川
取材地連絡先 なし