街とテントと鈴木拓

濱口女子大学

EVERY SAT. MIDNIGHT 毎週土曜 深夜2:30〜3:00

  • Top
  • 最新の放送
  • これまでの放送
  • 放送局一覧
20191012 放送
不審者の気持ちになって性犯罪撲滅を考えよう

今回は、「不審者の心理を理解して、性犯罪撲滅に役立てよう!」という企画。性犯罪撲滅を掲げ、今までたくさんの女の子から不審者情報を聞き込み“不審者マップ”を作っていた当番組。しかし、そこから具体的に何か解決の対策を取ったか?という疑問が生まれた…。

ディレクターが芸能事務所に問い合わせをしたところ、職務質問や不審者に間違われる回数が1番多いという若手芸人・みなみかわを発見!“不審者代表”としてみなみかわをスタジオに招き、よゐこ濱口とドランクドラゴン鈴木が犯罪者の心理学を学習することに!

実際にあった不審者情報を基に、みなみかわが不審者の心理を解説する。まずは「雨の中、通学路で下半身を出しているオジサン」という不審者情報。「芸人がネタを披露して、ウケたときの快感と同じ」という例えで解説をするみなみかわ。

濱口と鈴木にはわかりやすい性犯罪心理学だと好評!肝心な女性にも通用するかを検証するため、スタジオに現役女子大生2名を呼び、解説を進めることに!

続いて、「道でお尻の穴を棒で弄るオジサン」という不審者情報では、お尻を刺激することへの気持ちよさを熱弁!?棒でつつくぐらいではむしろ不審者ではなく初心者だと衝撃発言!

「外でやる必要がない」という女子大生に、「家の中で音楽聴くより、フジロックで音楽聴く方が楽しいのと一緒」という面白持論を展開するみなみかわ。さらに、女子大生に「自分がやったことないことを否定するのはよくない!」と説教をする!?