2020年1月17日(金)『震災から25年』

今朝の5時46分
テレビをつけると、ほとんどの局の画面が、神戸市東遊園地からの黙祷シーンを映し出していました。
あれから25年かと。
阪神淡路大震災までに、大災害を経験したことや、取材をしたことはありませんでした。
長崎時代も、長崎大水害は入社前、雲仙の火砕流災害は長崎から関西へ戻ってから。
それだけに、自らの育った、生活している場所の一瞬での激変、そしてそこでの生活と取材。

25年たった今でも目を閉じると サイレンの音、ガスの微かな臭い、校庭に停まっていた遠方からの給水車、赤い貼り紙等 忘れることはありません。
通勤に阪神電車を使っていたので、当時 野田駅は、私を含め、髪の少し濡れた人がホームに結構立っていました。→銭湯が多かった。

生活に密着していたラジオと違い、テレビでの取材報道。
変わり果てた自分たちの街をなんとか知ってほしい、助けてほしいと情報を 全国に発信する気持ちで毎日 取材をしていました。

大切な人を失った方にとっては、想いが25年たっても消えることはありません。
あの時の経験が唯一生かされるとすれば、適切適正な報道をする、刻々変化する状況を身の丈にあった環境の中 最大限 発信すること。
そして、風化させず、次の世代に伝えていく事が使命ですね。

個人的ですが、結婚式の翌日が大震災でした。
今年 銀婚式でしたが、翌日 大震災25年です。

ニュースを見ながら あらためて
平穏な日常に感謝します。

2020年1月8日(水)『2020年 始まりました。』

今年も安らかな1年でありますように。
毎年、毎年 定番の挨拶ではありますが、年始早々、それをひっくり返すニュースばかりです。
逃亡した元カリスマ経営者、お金貰った?貰ってませんのリーダーさん。そして、中東情勢が緊迫し、いきなり世の中は混沌としてきました。
だからこそ、安らかを願う1年であります。

さて、話しはとんで我が家に。

年末年始は、基本寝正月。
沖縄テレビでアナウンサーをしてる長男が一家で年末帰省。久々の可愛い孫との対面。
長男は、大晦日に仕事で沖縄に戻りましたが、入れ替わりに、テレビ東京のアナウンサーをしている弟が帰省。
妻の実家への挨拶や、人生初の伊勢神宮初詣もあり、
寝正月ならぬ、喋り正月?を楽しみました。

そんな中 印象に残っているのが、キャッチボール。
近くの砂浜で、長男、次男、長男のお嫁さんの3人がしているのを見ていたのですが、飽きないですね。
投げる、捕る、投げるの繰り返しですが、楽しいですね。楽しめるんですね。
野球は観戦するのに面白いスポーツですが、やはり経験すると楽しみ方も違ってきます。
野球人口の減少による危機も叫ばれていますが、何か気軽に楽しめる場所や、きっかけがあれば良いですね。

キャッチボールといえば、今日から阪神タイガースも 新人合同自主トレ開始。
キャッチボールの先には、キャンプ、オープン戦、開幕が待っています。

今年のテレビ大阪スポーツアナウンサーも、今日から 新年スタートです。

追伸. 私は休みで、ゴロゴロしながら、この日記を書いております。
申し訳ございません。^_^

2020年1月1日(水・祝)『新年の抱負』

(※PCまたはスマートフォンでご覧ください)