2022年1月13日(木)『「触れ太鼓 墨田の川面を渡る時 吾子誕生のあの時を想う。」 ・ 「小嶺監督」』

坂本アナウンサーのインスタに28歳になった書き込みがありましたが 私は還暦からもう2年、62歳になりました。

私の生まれたのは、昭和35年1月10日の日曜日。
その時 誕生にあわせて父(植草貞夫)が詠んだのがこの詩

「触れ太鼓 墨田の川面を渡る時 吾子誕生のあの時を想う。」

当時 若き父は大相撲初場所中継の実況のため、東京へ出張中。
10日はその初日でした。
宿泊先から墨田川を渡って国技館へ向かう時に
まだ対面することができない子への想いをこめ、この詩を詠んだそうです。
その父は今年90歳。
私は62歳。
父は、67歳でマイクを置きました。
長崎でアナウンサーをしている時ですが、泊まり勤務で早朝のニュースを読むためにスタジオへ向かいながら、ふと「何才までこうやってニュースを読んでいるんだろう?」と思うことがありました。
あれから、32年。
まだ、喋っています。
去年は、61歳を過ぎて
初めて バスケットの実況をしました。
毎年ラストの気持ちで
日々を過ごしたいですね。
‥‥と思うだけになるかもしれませんが。
今年も少しだけ喋ります。



そんな想いにひたっていた最中 入ってきたのは、「小嶺監督の訃報」
小嶺忠敏さん。長崎県の島原商業、国見高校、長崎総科大学付属高校のサッカー部の監督として、国見高校の監督時代は全国高校サッカー選手権で優勝6度の名伯楽です。
長崎放送時代の6年間 高校サッカー中継にアナウンサーとして携わりました。
国立競技場での2度の全国優勝や最初の全国大会での準優勝のシーンは今でも脳裏に焼き付いています。

県大会〜インターハイ〜選手権県大会〜全国大会〜新人戦が1年の高校サッカーの取材サイクル。
そこには常に国見高校サッカー部、そして小嶺監督の姿が。
グラウンドで、サッカー場で、時には宿舎や居酒屋で、笑顔や厳しい顔での小嶺監督の話を聞きました。
まさに恩師でした。
豪快に見える大柄の姿とは反対にサッカーには繊細。
でも自らハンドルを握り、自費でバスを購入され、全国を試合行脚する熱量は すっかり有名になりました。
長崎のサッカーを日本一のサッカーに、そして日本の高校サッカー界 ひいては日本のサッカー発展に尽力されました。

国見高校のサッカー部OBとなった選手やJリーグの選手と飲んだり、話をしたりすると最後は小嶺監督の話に。
厳しくも温かい、最後は笑いの思い出話になります。

最近 新聞に監督の写真が掲載された時 ずいぶん痩せられていたので心配していました。
昨年 ある県の高校サッカーの決勝を実況しませんか?と話をいただいたのですが・・(実況しませんでしたが)
訃報を知った時 監督が大会に呼んでくれたのかな?とも思いました。(こじつけですが)

ブログを書きながら でも思い出すのは 監督のふっくらと日焼けした笑顔です。

長崎から大阪に移っても長くサッカー中継を続けられたのも監督のおかげです。

今後も、空の上から 日本のサッカーを見守ってくださいね。

2022年1月6日(木)『2022年 今年もよろしくお願いいたします。』

近くの神社に初詣に行きました。
驚いたのは、境内や周辺に飲食の露店が出ていなかったこと。
また、この神社は 毎年 十日えびす大祭での福男選びでも有名ですが、これも中止になりました。
新型コロナウイルスの影響はまだまだ続いていますね。

さて、やさしいニュース、ニュースプラスも1月5日から2022年の放送がはじまりました。
ニュースを中心に、スポーツ、特別番組、配信とテレビ大阪のアナウンサーは忙しく今年も動きます。
昔は、チャンネルをあわせてくださいと言ったものですが、今はリモコン?スマホ?

ぜひ今年1年もテレビ大阪よろしくお願いいたします。


写真は、次男が制作した年賀状を加工してもらいました。

2021年12月24日(金)『無題 反省?』

先週、バスケットボールの実況を担当しました。(テレビせとうち B3リーグ トライフープ岡山対金沢武士団)
年齢を重ねても思うのは、放送が終わった瞬間の充実感と、その後にくる「あーすれば良かった。こーすれば良かった」と言う反省。
これをもう36年繰り返しています。
バスケットボールは、スピード感あふれるスポーツです。61歳にして初めてのチャレンジ。ボールの速さについていけたか?
的確な描写は出来たか?
なにより、テレビせとうちを見てくださった皆さんは、楽しめたのか?

来年もこの性格は続くのでしょうね。

なんとか 若い時の勢い、経験が陳腐にならないように来年も控えめに頑張っていきます。

仕事への取り組み以外だと、年を重ねると欲が無くなってきます。
自分の子供や孫の世代が明るく生きる事ができる社会になってほしい。
ただ それだけ。
放送現場の一番端ですが、
テレビや放送が少しでも幸せの役に立ちたい。

そんな事を想いながら、アナウンス日記を書いております。

そうそう 先日 長崎放送時代の同期から電話がかかってきました。
仕事帰りに良く立ち寄ったBARのマスターの訃報でした。
若かった時代 周りの配慮に思い至らず 仕事のグチを話していたのが思い出されます。
あの当時は尖ってました。
ごめんなさい。

私のフリートークの様にダラダラと綴ってしまい失礼しました。

年末年始 ホッと心が和む番組もあります。
年末年始 テレビ大阪の番組にも少しお時間をくださいませ。^_^