2008年8月23日

ソルトゲーム&夏休み鮎釣りスクール

今回は海の釣りと川の釣りで、夏を遊び尽くす。

まずは海。夏の釣りらしく、キャスティングをメインにしたソルトゲームで遊び尽くす。場所は神奈川県小田原沖。そしてアングラーは気鋭のソルトルアーアングラー高橋慶朗と栗山佳尚の二人。 8月5日、朝5時半。小田原港から出船。20分ほど沖に出て、ゲームのスタート。最初のターゲットはシイラだ。このところ、この海域では120〜130センチの良型が連発しているという。流れ藻や流木を見つけてはルアーを投げ込んでいく二人。そうしているうちに、まず高橋に来た!メートル級、良型の一尾。続いて栗山も良型を掛ける。開始から順調に数を伸ばし、 小型も含めて二人で10尾近く釣ったところでターゲット変更。カツオを狙う。ナブラを探して船を走らせる。すると二人の目の前に大きなナブラが現れた。ナブラをめがけてルアーを投げ込む。しかし食わない。また船を走らせ別のナブラへ。でも食わない。開始から順調に来ていたが、ここへ来て苦戦を強いられる二人。そてでも辛抱強く投げ続ける。すると我慢の甲斐あって高橋がようやく良型のカツオを掛けた。今回、海ではこのほかにもキハダやサバを狙う。

続いて川。川は鮎の友釣りを紹介する。こちらも夏の代表的な釣りだ。

8月6日、神奈川県相模原市を流れる相模川。朝7時。高田橋下の河川敷に中学生から高校生の少年少女50人が集まってきた。ほとんどの子は今回初めて鮎の友釣りを体験する。受付を済ませてウェアに着替えて集合。みんな緊張した様子。果たして8メートルもある長い竿で上手にオトリアユを操作できるのか。そして鮎は掛かるのか。

こちらは鮎釣り歴2回目のTVO藁谷アナが、自らも釣りをしつつリポートする。

詳細情報

場所/ポイント 「ソルトゲーム」神奈川県小田原市・小田原沖
「夏休み鮎釣りスクール」神奈川県相模原市・相模川
出演者 栗山 佳尚(くりやま よしひさ)
高橋 慶朗(たかはし みちあき)
DYFC会員の子供たち
藁谷 麻美(TVOアナウンサー)(わらがい あさみ)
タックル図
----- 高橋 慶朗 -----
ロッド
キャタリナ ドラド 76
キャタリナ ナブラ 67
リール
キャタリナ 4500
セルテート 3000
ライン SWセンサー
エイトブレイド+Si2号
UVFベイジギングセンサー
            20lb.
リーダー ソルティガショックリーダー
       TypeN 40lb.
ルアー ドラドペンシル 14F
TDソルトペンシル 11F
ドラドジャーク 11S
オーバーゼア 110S
スピードジグR 28g
ファントムIIU 28g

----- 栗山 佳尚 1 -----
ロッド
SG M-OVER 80S
SG トゥイッチ 60S
SG A-ROUNDER
          70S
     SG DORADO
SKIPJACK 510S
ST-BJ 651XHS
リール
セルテート ハイパーカスタム
     4000H-PE
セルテート HDカスタム
     ハイパーチューン
セルテート
ハイパーカスタム 3000
セルテート
ハイパーカスタム3000H
セルテート
ハイパーカスタム2500R
ライン UVFベイジギングセンサー
        20lb.12lb.
リーダー ソルティガショックリーダー
TypeF 20,40,60lb.
ルアー ドラドスライダー 14F
ドラドスライダー 14S
ショアラインシャイナー
     SL 17F-G
オーバーゼア 110S
オーバーゼア 130S
ドラドポッパー 14F
ソルティガ・サクリファイス
        ベイト 45g

----- 栗山 佳尚 2 -----

取材地連絡先 「ソルトゲーム」
 弘美丸
 0465-23-3429
「鮎釣りスクール」
 相模川第一漁業協同組合
 042-763-2726