2009年2月7日

ワームが決め手!船のデカメバル釣り&関西初上陸!キャスティズム投げカワハギ

今回は豪華2本立て!まずは山口県柳井沖で船のメバル釣り。

船宿のオリジナル仕掛けで30センチ級のデカメバルが入れ食い!!
アングラーは沖釣りのエキスパート北本茂照と地元の名手・早川徹。

早川も使っている船宿のオリジナル仕掛けとは、幹糸1.5号、ハリス1号の4本針。そして最大の特徴が、エサでもサビキでもなくワームをつけること。エサよりも手返しが良く、日によって当たりカラーがあったり、誘って食わせるなどとてもゲーム性が高い。
北本は初挑戦。期待が膨らむ。

ポイントは港から約1時間沖合いの平郡島(ヘイグントウ)周辺。実釣開始直後から2人の竿先がブルブルと震えメバルが釣れ出した。そして約1時間後、仕掛けを入れれば即アタリ、驚異の入れ食いタイムがスタート。この船宿では20センチ以下はリリース、カウントしない。それでも2人で約40尾をキャッチ。しかも30センチオーバーの特大サイズをゲット!!!


そして好評シリーズ・キャスティズムは投げカワハギ。場所は紀伊半島の先端、和歌山県串本。が、事前情報は全く無い。なにしろ関西では誰も投げカワハギをやっていないからだ。
村越正海が行き当たりばったりで挑む。さて、どうなる????


詳細情報

 
場所/ポイント 山口県柳井沖(メバル)、和歌山県串本(キャスティズム)
出演者 北本 茂照(きたもと しげみつ)
村越 正海(むらこし せいかい)
早川 徹(はやかわ とおる )
タックル図
----- メバル タックル -----
ロッド
リーディング-Xメバル265(0)
リール
エアド レッドチューン
ライン 月下美人ビームスティック1.5インチ

----- キャスティズム タックル -----
ロッド
キャスティズム23号-385
リール
トーナメント・サーフ35キャスティズム

取材地連絡先 柳邦丸
090(7992)8055