2009年2月28日

冬の大物狙い 東京湾岸シーバス釣り

冬、東京湾においてルアーで釣れる一番の大物と言えばシーバス。

しかし、この時期シーバスは海の底にいるため、ほとんどがジギングでの釣りになる。たまにベイトが湧き上がりシーバスの活性が上がった時は、海面に浮上し、キャスティングでも釣る事が出来るという。

今回のアングラーはバス釣りのつり方で攻めてみたいと意気込む栗山佳尚と東京湾で確実に大物狙いが出来ると期待する佐々木修。
二人のアングラーが協力し、シーバスの群れをジギングで活性を高め、海面近くまで浮き上がらせてキャスティングでシーバスを狙うことが出来るのか?
70〜80センチの大物に狙いを定めてシーバス釣りに挑戦する。


2月中旬、東京湾に面する千葉県袖ヶ浦市長浦港を訪れた栗山と佐々木。
朝6時出船。初めのポイントはまだ夜も明けない頃、前日に釣果があった工場の桟橋付近。街頭照明に集まるベイトを食いに来るシーバスをいきなりキャスティングで狙う。
しかし、反応なし。続いてのポイントは温かい工場排水が流れ込み魚の活性が高い排水口付近に投入、当たりは全くない。
続いて冬場ジギングで必ず楽しめる東京アクアラインの橋脚の下。
ジギングでは釣果はあるが、キャステイングでは反応は薄い。

シーバスが海面近くに現れる気配無し。
約2時間後、木更津沖で鳥の群れ(鳥山)を発見!早速ジギングで探りを入れると、当たりの反応がかなり海面に近い。
栗山はすかさず上のレンジのバイブレーションをキャスティング。
佐々木も栗山に続く。シーバスの活性が上がっている。
果たして、大物のシーバスを釣り上げることが出来るのか!


詳細情報

 
場所/ポイント 千葉県袖ヶ浦市 長浦港/東京湾
出演者 栗山 佳尚(くりやま よしひさ)
佐々木 修(ささき しゅう)
タックル図
----- キャスト -----
ロッド
モアザンMT 76MBX
リール

リョウガ2020HL

ライン SWデュラブラ14lb(ナイロン)

----- ジギング -----
ロッド
ソルティスト エクストリーム STX-BJ621B
ソルティガ SG-BJ65HB
リール

リョウガ2020L

ライン BAYジギングセンター(0.6号)
モアザンショックリーダー30lbタイプF

取材地連絡先 こなや丸
(0438)62-2707