2009年10月17日

真鯛乱舞 驚異の釣法 ヒトツテンヤマダイ

千葉県でも大原周辺でしかまだ広まっていない、話題沸騰中の釣法、ヒトツテンヤを使ったマダイ釣り。今回はその驚くべき釣果を叩き出すこの釣りを堪能する。

アングラーは、村越正海と宮本英彦。2人ともルアーフィッシングを始め、エサ釣りにも精通する釣りのエキスパート。

早朝5時、大原港から出港した船は水深20m程の太東沖へ。

テンヤマダイの釣り方は至ってシンプル。まだ専用のロッドはなく、キス竿やメバル竿などを使い、PE0.6号などのライトラインを巻いたスピニングリールを使うのが特徴。仕掛けはオモリとハリが一体化したヒトツテンヤのみ。その針にエサの海老を付けるだけ。それを底まで落とし、誘いを入れていくという釣り方だ。

開始してまもなく、宮本の竿が大きくしなった。大きなドラグ音と共に上がって来たのは30cm程のマダイ。群れに当たったのか、そこから連続してマダイがかかる。釣り上がったマダイを水面からロッドの力で引き抜く様子はまさに真鯛が舞っているようだ。

この時期のマダイは水深約10~20m前後の浅い位置に生息しているのが特徴。それゆえ、1.5号(5.63g)~3号(11.25g)と軽いテンヤでも底が取りやすく、初めてチャレンジする人でもすぐに馴染めてしまう、というのも人気の1つ。

初日、2人は午前船、午後船に乗船し、数え切れないほどのマダイを釣りあげた。

しかも同じ船では、なんと9kgのマダイが。数だけではなく、千載一遇の大物に出会えるチャンスが有るのも、この釣りの魅力。

二日目。そんな大物との出会いに期待を膨らませ、出船。これから様々な所に広がってゆくであろう、ヒトツテンヤのマダイ釣り。現在進行形の一大ムーブメントに、乗り遅れるな!


詳細情報

 
場所/ポイント 千葉県・大原
出演者 宮本 英彦(みやもと ひでひこ)
村越 正海(むらこし せいかい)
タックル図
----- 使用タックル -----

取材地連絡先 きえい丸
0470−62−1805