2009年11月28日

凄いぞ!奄美大島 船中43本キャッチ!!
10kgオーバー連発!!!脅威のカンパチ天国

かつて、これほどまでにカンパチが釣れたことがあっただろうか・・・

11月初旬、海のルアーフィッシングのパイオニア・村越正海が、鹿児島県奄美大島を訪れた。村越を出迎えたのは奄美在住のソルトルアーマン池秀平。2人はPE2号という細いラインをベースにしたライトタックルのジギングで近海のカンパチを狙う。

港を出て走ること約30分、まずは水深約90mラインを攻める。メタルジグ(金属製ルアー)を一旦海底に沈め、着底後テンポよくしゃくってジグを躍らせカンパチの食い気を誘う。が、魚探に反応はあるものの食わない。

船長の判断で大移動、水深約130ラインのポイントへ。ここで村越が早々に奥の手を出す。エビングだ。天秤に集魚用のメタルジグをつけその先にはワーム(ゴム製ルアー)。メタルジグでカンパチを誘いワームに食わせるというコロンブスの卵のような仕掛けがとてつもない威力を発揮する!

7kgクラスを筆頭に中小型サイズが入れ食い。着底後1シャクリでヒットする場面が何度もあった。さらに、相乗効果なのか池も連発。初日は2人で20尾近いカンパチを釣り上げた。

2日目は大型を狙って深場を攻める。が、2人はあるジレンマを抱えていた。
「リールの糸巻量は200m。大型カンパチは掛かった後に根に向かって走るので、攻められる水深はせいぜい130m。それより深いとラインが無くなるかも…」そんな心配をよそに船は160mラインで反応を発見。そして村越が掛けた!
ドラグを閉め込んでいるにも関らず、ラインがズリズリ引き出されていく。デカい!!村越は親指でラインを押さえ走らせない。全力で根から外す。そして数分のやり取りの後、紺碧の海面に丸々とした白い魚体が浮かび上がる。約12kgのカンパチだ。その直後14kgもキャッチ、村越は満面に笑みを浮かべる。

3日目も爆釣。終わってみれば3日間で合計43尾のカンパチを釣り上げた。奄美大島は凄かった。
釣り人の憧れはもちろん、そして、釣り人ではない人の憧れをもかき立てる濃い~30分をとくとご覧アレ!!


詳細情報

   
 
 
場所/ポイント 鹿児島県 奄美大島 近海
出演者 池 秀平(いけ ひでひら)
村越 正海(むらこし せいかい)
タックル図
----- 使用タックル -----
ロッド SG-BJ64XXHB
リール リョウガ ベイジギングC2020PE-H

取材地連絡先 シーバード優和
090-8832-5259