2010年1月16日

30cmオーバー連発!脅威の“デカ”メバル・ゲーム

今回はズバリ、デカ・メバル・ゲーム!

陸っぱりのメバルといえば、漁港や堤防などの街灯がある所で釣るのがポピュラーだが、今回のポイントはゴロタ場(大き目の石がゴロゴロしている海岸)。ゴロタ場では、一生に一度お目に掛かれば良いと言われる、30cmオーバーのメバル、いわゆる「尺メバル」が釣れる可能性が高いのだ。

そんなデカメバルを求めてやってきたのは、ソルトルアーフィッシングのパイオニアであり、デカメバルブームの火付け人、村越正海と、千葉・房総半島の若きルアーマン、渡邉長士。これまで、尺メバルは狙って釣った事がないという渡邉。漁港で釣れば、20センチオーバーで十分にデカい…。釣り人なら至極当然の価値観で今回の釣行を迎えたが、終わる頃には果たして…。

15時半、西伊豆の戸田からスタート。すると開始から間もなく、渡邉にヒット!上がってきたのは、26cm、良型のムラソイ。日が暮れ始め、徐々に辺り一面が暗闇に包まれていく。メバルは夜行性の魚。これからが、この釣り最大のチャンスタイム。一投一投、期待に胸を膨らませつつキャストしていると…。
村越にヒット!27.5cmのメバル。陸っぱりで釣るなら十分にデカいサイズだが、『小さいね~』とおどける村越。渡邉にもヒットするものの、尺には届かず。とはいえ、このサイズが釣れたという事実に感激する渡邉。尺メバルへの期待が、より一層高まる。

その後、西風が強く、西伊豆では釣り辛くなってきたため、東伊豆へ大移動。
風を避けつつ、最終的にやって来た稲取で待ちかまえていたのは、渡邉の価値観を覆す、衝撃的な釣果だった…。

一生に一度お目に掛かれば良いと言われる、尺メバル。しかし、固定概念を捨て、新たなポイントに踏み出せば、あなたの身近でも、あなたの価値観を覆す事実に、きっと出会えるはず。みなさんもこの番組をご覧になって、気になったエリアが思い当たれば、出掛けてみてはいかが?


詳細情報

   
 
 
場所/ポイント 静岡県・伊豆半島
出演者 渡邉 長士(わたなべ たけし)
村越 正海(むらこし せいかい)
タックル図
----- 使用タックル -----