2010年1月30日

冬の東京湾が熱い!
ボートキャスティングで80cm級ビッグシーバスを狙え

ウィンターシーズンのビッグシーバスをボートキャスティングで狙う!

アングラーは村越正海と高橋慶朗。2人は隅田川を下って東京湾へ。千葉県富津岬の沖を目指す。富津岬周辺では、産卵期のシーバスが群れで回遊し、80cm~90cm級のビッグシーバスが連日上がっているという。

ポイントに到着。水深は約10mと浅い。まず村越はルアーのペンシルで水面を、高橋はシンキングミノーで水面下約1.5mを探る。2人はそれぞれ別の水深を横方向に探り、シーバスが泳いでいるレンジ(層)をつきとめる。

が、一向に気配がない。小魚の居場所を知らせる鳥の姿も見当たらない。そこで村越はバイブレーションに変更。一旦底に沈め、縦方向に引いてくる。全てのレンジを探り、アタリがあるとそのレンジを集中的に攻める。

そして高橋がミノーで50cm級をヒット。続いて村越も66cmを掛けた。当たったレンジは中層よりやや上のレンジだった。やはりシーバスは浮いているようだ。村越はすぐさまミノーにチェンジ。

ところが、バイブレーションに変えた高橋が底で食わせた。傾向がなかなかつかめない。そのため、2人はともにバイブレーションで縦方向を攻めることに。この作戦が功を奏し、村越が上のレンジで79cm、79.5cmの大型を連発。
80cmまであと少し。

やがてベイトフィッシュ(餌となる小魚)の反応を発見。コノシロだ。20cmはあろうかという大きさ。村越は大型ペンシルに変更、高橋は引き続きバイブレーションで攻める。そして高橋にヒット。80cmピッタリの大型シーバスをゲットした。

状況に合わせ試行錯誤しながらルアーを変え、シーバスのレンジを探っていくキャスティングゲームの醍醐味にあふれた30分。お楽しみに!


詳細情報

 
場所/ポイント 東京湾富津岬沖
出演者 高橋 慶朗(たかはし みちあき)
村越 正海(むらこし せいかい)
タックル図
----- 村越 使用タックル -----
ロッド ソルティスト ベイキャスティング76LS
リール

セルテート2506プロトタイプ


----- 高橋 使用タックル -----
ロッド ソルティスト ベイキャスティング65MLS
リール

セルテート2500


----- 使用タックル -----

取材地連絡先 入舟
03-3806-4444