2011年2月5日

今、ゴロタ場がアツイ!伊豆・初島 釣り歩きの旅 狙うは、尺メバル!

“ゴロタ場”、無数の岩が積み重なって出来たその場所は、一日中釣りが楽しめる魅惑の場所。ゴロタ場の魅力を数々伝えてきた村越正海が、今回は、伊豆の初島のゴロタ場を釣り歩く!釣行を共にするのは、房総半島をホームグラウンドにする、新進気鋭の若手アングラー、 渡邉長士。
 熱海港からフェリーに乗って出発。昼頃、初島に到着した2人は、さっそくお目当てのゴロタ場へ。日中は下見を兼ねつつ、ムラソイを狙う。足下の岩の隙間にワームを垂らして探ると、すぐに村越にヒット!見事にワームに食らい付いたムラソイが出てきた。その後も面白いくらいに、岩の隙間からムラソイを釣り上げていく。一方の渡邉も、小型ながらもヒット。ついつい夢中になってしまうムラソイ釣りに、時を忘れて没頭する2人。すっかり日も暮れ始め、ここからはいよいよ2人が待ちに待ったメバルタイム!
 初島のゴロタ場では、尺(30cm)オーバーのメバルが釣れる事が多い。去年、村越と伊豆のゴロタ場釣行にて、見事32cmのメバルを釣り上げ、「尺メバリスト」に認定された渡邉。今回はサイズアップの期待に胸が高鳴る。
 暗闇の中、昼間に目星を付けておいたポイントを中心に探る2人。すると、「きたよ!」という村越の声。見事メバルがヒット。サイズも良さそうだ。計ってみると…、29.8cm!「泣き尺」だと悔しがる村越。その後も、尺メバルを求めてキャストする2人。すると、渡邉にヒット!これは期待できるサイズ!果たして、尺オーバーなるか!?
 初島で、一日中ゴロタ場を楽しむ2人。ゴロタ場にある、釣りの新しい魅力が詰まった30分。必見です。

※初島での磯(ゴロタ含む)釣りは、朝5時~夜8時までです。

詳細情報

場所/ポイント 初島
出演者 渡邉 長士(わたなべ たけし)
村越 正海(むらこし せいかい)
タックル図
----- 使用タックル -----

取材地連絡先 無し