これまでの放送:2014年9月20日

「長竿で堪能する秋のへらぶな釣り」

長竿で堪能する秋のへらぶな釣り。釣り人は幼いころからこの釣り一筋の生井澤聡。今回訪れたのは、山梨県甲府市にある千代田湖。ここは、へらぶな釣りの名所として知られる場所である。
まずは22尺の底釣りから始める。長竿を使用することのメリットは、遠くのポイントを狙えることと、へらぶなの警戒心をとくことが出来ること。
まずは、エサを打ち、へらぶなを寄せることから始める。開始からコンスタントに釣り上げていく生井澤。ここでさらなる大型を狙い、ポイントを深場へと移動。そこで使用した竿は、先ほどの竿よりもさらに長い、26尺。これは約8m、3階建てのマンションに相当する長さだ。移動した先でもコンスタントに釣り続け、一時は入れ食いも。さらに良型も飛び出し、サイズアップにも成功。
長竿だからこそ味わえる、ダイレクトな引き、竿の曲線美。そんなへらぶな釣りの魅力があふれた30分。お楽しみに。
場所/ポイント
山梨県・千代田湖
取材地連絡先
千和
TEL:055-251-8444