これまでの放送:2014年10月11日

「福井県越前沖のボートエギング」

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
秋の人気ターゲット、アオリイカをボートエギングで狙う。
この季節は夏に産まれたイカがどんどん成長する。
好奇心旺盛な若いイカは警戒心が薄くエギを抱きやすい為、数釣りが望める。
今回訪れたのは、福井県越前沖。イカの魚影が濃い人気スポットだ。
アングラーは、エギングのエキスパート宮澤幸則と住澤直樹。
そして博多の釣り娘、秋丸美帆だ。朝6時、福井市の茱崎漁港から出船。
まずは港近くのポイントへ。水深は11メートル。まずはキャスティングで探る。
住澤はケースを広げて一番派手だった、
オレンジとマーブルの3号25グラムのエギを選んだ。すると、アタリが!
約300グラムのアオリイカだ。
その後、風が強まり釣り方を変える。
エギを着底させて、シャクっては止めるを繰り返すティップランエギングだ。
試行錯誤を繰り返し、午前中は11杯を釣り上げた。
午後になり宮澤と秋丸が合流。朝の経験を活かしたい住澤だったが全くアタリがない。
宮澤も初めてのポイントに苦戦する。
一方、ティップランの経験がほとんどない秋丸だったが、いきなりヒット!
大きさはエギと同じくらいだったが、アタリをはっきり感じたという。
コツを掴んだのか、その後も釣果を重ねた。
そして、エキスパート2人は知識と経験を活かし真価を発揮する。
ボートエギングの楽しさが詰まった30分。
場所/ポイント
福井県・越前沖
取材地連絡先
まるいち
TEL:090-6814-4069
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •    
  •