これまでの放送:2014年11月22日

「ライトソルトゲームin房総半島」

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ライトソルトゲーム。それは、繊細なロッド、細いラインで魚を狙う釣り。
それだけに、その引きは強力で、よりスリリングな釣りを楽しむことが出来る。
そして、ターゲットは、無限大。
そんなライトソルトゲームに魅せられた2人のアングラー。
瀬戸内海を中心に活躍する、ソルトルアーフィッシングのエキスパート、後迫正憲と、
房総半島を拠点に活躍するルアーマン、渡邉長士の二人。
今回、2人が訪れたのは、千葉県・房総半島。
ここをホームグラウンドとしている渡邉が、関西から後迫を招待した。
初日、まずは、朝まずめの時間にアジを狙う事に。
明るくなるまでの僅かな時間が最大のチャンスタイムだというが、
アジがいないのか、アタリすら感じられない。
序盤から思わぬ苦戦をしいられてしまう二人。
しかし、釣れなければ、釣れる魚に狙いを変えればいい。
これも、ライトソルトゲームの魅力の一つ。
ターゲットを変えて釣れる魚を釣り上げていく。ライトゲームでのヒキ味はまた格別。
釣り上げると自然に笑みがこぼれてしまう。移動したポイントの先々で、
メッキ、アジ、サバ、アオリイカなど、様々な魚を釣り上げて行く2人。
ちょっと竿を出すだけで、様々な魚に出会える。
そんなライトソルトゲームの魅力がたっぷり詰まった30分!必見です。
場所/ポイント
千葉県・勝浦周辺
取材地連絡先
  •   
  •   
  •   
  •   
  •