これまでの放送:2015年5月30日

「のっこみのヘラブナ釣り」

今回は、のっこみシーズン真っ只中のヘラブナを狙う。
この時期は「のっこみ」つまり産卵を控えた大型のヘラブナが浅場にやってくる。
ヘラブナが産卵する様子「ハタキ」を見ることが出来る。
ヘラブナ釣り師にとっては大物に出会える年に一度のイベントだ。
アングラーは、ヘラブナ釣りを愛して止まない生井澤聡。
最初に訪れたのは、神奈川県・相模湖。関東で巨ベラの狙える有数の湖だ。
午前5時、生井澤は胸を膨らませボートに乗り込む。
移動中、ヘラブナがバシャバシャとハタく音が聞こえる。これは期待出来そうだ。
のっこみシーズンの釣り方は、寄せて釣るのではなく、
浅場にやってきたヘラブナが通る道に上手くエサを打ち込めるかがポイントとなる。
エサを打ち続ける。
そして生井澤が次に向かったのは、千葉県にある高滝湖。
水面で、ハタキをしているヘラブナの姿が。
早速竿を出し、ヘラブナの通り道を探す生井澤。
ウキが沈む。ヘラブナのアタリだ!
釣り上げたのは40cmの良型のヘラブナ。
だが、のっこみシーズンのヘラブナはこんなものではない。
更なる大物を狙い、竿を振り続ける。
そして再びウキが消し込み、竿が大きくしなる!果たしてサイズは!?
1年に1度ののっこみシーズンのヘラブナ釣り。
大物に出会えるチャンスがいっぱいで、わくわくの30分。
どうぞお楽しみに。
場所/ポイント
神奈川県・相模湖
千葉県・高滝湖
取材地連絡先
天狗岩
TEL:0426-87-2006
高滝湖観光企業組合
TEL:0436-98-1277