これまでの放送:2015年8月22日

「エビング&キャスティング 豪華2本立て!相模湾のキハダ」

今年も相模湾にマグロの季節がやって来た!首都圏から近いこのフィールドでは、
夏になるとアングラー達が一斉にキハダを追いかける。

今回のアングラー、
ソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海もその中の一人だ。
村越が挑戦するのはエビング。エビングでは専用の直線テンビンを使い、
テンビンの先にリーダーをつなぎ、ソフトルアーをセットする。
これをジギングの要領でシャクリ続け、魚にアピールする。
村越が沖縄のマグロ漁をヒントに編み出した釣法である。

初日、朝6時出船。大物への期待を抱き、港を離れる。しばらく船を走らせた後、
船長からタナの指示が。村越がすかさず仕掛けを投げ入れる。
様々なシャクリ方でキハダにアピールしていく。早速アタリが!
アワセをいれるとキハダ独特の突っ込み。上がって来たのは小型だったが、
上々のスタートに笑みがこぼれる。その後もキメジが次々と釣れ続け、
エビングの強さが発揮された一日となった。

後日、サイズアップを狙い、再び船宿を訪れた。
キャスティングで大型が釣れていると聞き、急遽キャスティングに変更する。
船を走らせることわずか10分。
イワシを突き上げる激しいボイルが!これには村越も大興奮!
何度もキャストを繰り返すが中々ヒットしてくれない。
読みが外れたかとも思ったがあきらめずにルアーを投げ続ける。
そして、ボイルのど真ん中に落ちたルアーに…食った!
かけた瞬間から下にものすごい勢いで突っ込んで行く。
これは大型のキハダの引きだ。村越も真剣な眼差しになる。
激闘の末、上がって来たサイズは20kgを優に越えるキハダ。
満足そうな村越だが、もちろんこれでは終わらない。
更なるビッグファイトが待っていた…。
場所/ポイント
神奈川県・平塚市
取材地連絡先
庄三郎丸
TEL:0463-21-1012