これまでの放送:2015年11月14日

「秋磯開幕!和歌山 串本のグレ釣り」

今回は、これからシーズン本番を迎える秋の磯釣りを紹介する。
舞台となるのは本州最南端の町、和歌山県串本町。
黒潮の影響で魚種、魚影ともに濃く関西屈指のフィールドだ。
狙うは磯釣りで人気のターゲット、グレだ。
アングラーは大阪在住で、ここ串本をホームグラウンドとする
グレ釣りのエキスパート、武田一平。
そして、熊本からやってきた田中貴。
田中はこれまで、日本最大級のグレ釣りトーナメント
「グレマスターズ」で4度の優勝経験を持つ。
誰もが認めるトップトーナメンターだ。
串本で釣りをするのは3度目だという。

初日、午前6時に出雲漁港を出船。約10分でポイントの磯に到着。
上がったのは、「双子の親」という一級磯だ。
マキエを打ち、仕掛を投入する。
一投目で武田にヒット。釣れたのはキタマクラ。
「いろんな魚がたくさん釣れるのが秋磯の醍醐味!」と武田は言う。
他にも、タカベ、イスズミ、カツオなどを釣り上げた。

一方、田中は「エサ取りをかわしつつ、いかにしてグレを釣るかが、
この時期の面白さ。」と笑う。

磯際にいるグレを狙う武田に対して、田中は小魚をかわそうと
遠投して沖にある潮目を攻める。
潮目とは、潮流がぶつかるポイントでエサが溜まりやすい。
グレもそこにいると考えた。
すると、田中の竿が弧を描く。釣り上げたのは33センチのクチブトグレ。
この時期では良型と言える。続いて、武田も掛けた。
こちらは約30センチのクチブトグレ。
その後も二人は、エサ取りをうまくかわして釣果をあげた。

2日目。少し沖にある「アシカ」という磯にあがり、サイズアップを狙う。
ここでも30センチ前後のグレを次々に釣り上げていく二人。
そして…、田中の竿が大きく曲がる。残念ながらラインを切れてしまった。
大型のグレか?!仕掛けを太くして再チャレンジする田中。果たして…。
秋磯の魅力がたっぷりの30分。
どうぞお楽しみに。
場所/ポイント
和歌山県・串本町
取材地連絡先
小川渡船
TEL:0735-62-0743
  •  
  •  
  •  
  •  
  •