これまでの放送:2015年12月12日

「琵琶湖の巨鯉を釣る!ヨーロピアンスタイルカープフィッシング」

今回はヨーロピアンスタイルで巨鯉を狙う!
ヨーロピアンスタイルとは、ボイリーという小さなボール状のエサを
専用の仕掛けに付けて使用する釣り方だ。
アングラーは早くからこの釣りを日本に取り入れた、
日本の第一人者、福安佳秀。
訪れたのは、琵琶湖。日本最大の湖であり、
様々な大型魚が狙える国内屈指のフィールドだ。
仕掛けを投入したら魚が掛かるまで待つ。
待つこと1時間、
アタリを知らせるバイトアラームが静寂に包まれた湖畔に鳴り響く!
釣り上げたのは80cmオーバーの鯉。さらにもう1本の竿にもアタリが!
先ほどの鯉とは比べ物にならない程の強い引き!
ようやく手にしたのは97cmの巨鯉。
おしくもメーターには届かなかったが、
メーターオーバーの巨鯉を手にする事に確かな手応えを掴んだ。
翌日、さらなる大物を狙い竿を出す。
自然の状況、前日の釣果をもとに使うエサを決めていく。
このように、色や味など、様々な種類があるエサを状況に合わせて
戦略的に使い分けることが出来るのも、
ヨーロピアンスタイルの面白いところだ。
果たして、目標であるメーターオーバーの
巨鯉を手にする事は出来るのか?

場所/ポイント
滋賀県・琵琶湖
取材地連絡先
なし