これまでの放送:2016年3月26日

「世界遺産の島 屋久島の大鯛!!!」

アングラーは、ソルトルアーフィッシングのパイオニア村越正海。
そして、ミスター・タイラバ、中井一誠。

初日は午後2時に出船。
宮之浦港から20分のポイント、一湊(いっそう)沖で竿を出す。
タイラバはただ単に仕掛けを巻くだけでマダイが釣れると人気を博している。
しかし、開始2時間アタリがない。ポイントを変え、駆け上がりを狙う。
すると、中井にヒット!竿が大きくしなる。
しかし、痛恨のバラし。
仕掛けを確認するとハリがのばされていた。
大物だ。
村越にも来た!
これもデカイ!どんどんラインを出されてしまう。
格闘すること10分。
釣り上げたのは、実測84cm、約6kgの立派な大鯛。
村越が言う
「これが1日に何発かきたら異次元のタイラバだ。」
だが、その後アタリはなかった。

2日目。
ミスター・タイラバ、中井が本領を発揮する。
潮流を読み、底層から中層まで広範囲に探る。
すると、68cm、72cm、のマダイを釣り上げた。
そして、これまでにないアタリが中井の竿を絞り込む。
ラインが出されて止まらない。
メーターオーバーの大鯛か?!
果たして…

どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
鹿児島県・屋久島
取材地連絡先
つり具の岩川
TEL:0997-42-0747