これまでの放送:2016年8月20日

「パラダイス!北海道 真夏のショアジギング」

今回の舞台は、北海道の南西部に位置する島牧(しままき)。
ここ島牧は道立自然公園や日本名瀑百選の“賀老の滝”など自然に恵まれた村だ。

さらに、今島牧ではショアから良型の青物が狙え、
中には大型も交じっており、ブリなどがショアからでも狙えるという。
アングラーはルアーフィッシングのエキスパート高橋慶朗。

初日、午前3時。
地元でも有名な太平の海岸にやって来た。

朝マヅメのチャンス、まずは夜光タイプのジグで魚にアピールする。
ここ大平は海底が砂地になっており、
ベイトとなるオオナゴ、いわゆるイカナゴが数多くいるという。
高橋は砂地の底に生息するオオナゴをイメージし、ボトムを丹念に探る。

すると、いきなり高橋の竿にアタリが。
釣り上げたのはイナダ、ブリの若魚だ。
ベイトのパターンに合わせた、狙い通りの一尾。

日が昇ると、高橋はジグを夜光からナチュラルカラーに変更。
するとこの作戦が当たり立て続けにヒット。
午前中だけで4尾をキャッチ。

午後3時ごろ、沖に潮目が出てきた。
ジグをTGベイトに変更し、すぐにキャスト。
ヒット!強烈な引き!
高橋の竿が大きくしなる。
釣り上げたのはワラサ。
ナイスサイズに、高橋も「最高!」と納得の一尾。
その後、夕まづめに2尾を追加し、合計7尾釣り上げ、初日を終えた。

2日目、午前4時。
昨日と同じ大平の海岸から始める。
すると1投目から、いきなりヒット!
早くもイナダをキャッチ。
「今日はヤバイかもしれないですよ!」興奮気味に高橋は言う。
果たして、どこまで釣果を伸ばすのか。
大型には出会えるのか。

今、注目のショアジギングの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに。

場所/ポイント
北海道島牧
取材地連絡先
なし