これまでの放送:2016年11月26日

「40センチオーバー乱舞!磯釣りの熱き季節到来!」

磯釣り師が熱くなる季節がやって来た!
狙うは磯釣りの人気ターゲット、グレ。

舞台は長崎県五島列島。
黒潮の影響で、魚種・魚影が濃く国内でも屈指の磯釣りポイントとされている。

そんな五島列島に二人のアングラーが訪れた。
大阪在住で五島での釣行は今回で5回目という、
グレ釣りのエキスパート武田一平。

そして、熊本在住の田中貴。
田中は日本最大級のグレ釣りトーナメント
「グレマスターズ」で5度の優勝経験を持つ、トップトーナメンターだ。

まず、二人は椛島(かばしま)の“椎の木のカド”という磯に上がった。

武田は、大物を意識して太仕掛けで、
一方、田中はガン玉なしの完全フカセ釣りの仕掛けで狙う。

マキエをし仕掛けを投入すると、魚が一斉にマキエに群がる。
これではグレに食わせることが難しく、案の定イスズミが掛かった。
「この時期はイスズミが多く、これを如何にかわして釣るかがポイントになる」
と田中は言う。

二人は磯際にマキエをし沖に向かってキャスト。
沖にいるグレを狙う。
すると、田中の竿にアタリが。
強烈な引きに竿が大きく曲がる。
しかし、取り込む寸前で切れてしまった。

今度は武田にヒット。
約30センチのオナガグレをゲット。
続いて田中もヒット。
同じく約30センチのオナガグレだ。
ここで田中はさらに沖のポイントを狙うため、
遠投用の仕掛けに変更。
すると“ガツン”!
掛けた!田中の竿が弧を描く。
先程と同じ過ちは犯すまいと慎重に引き上げる。
46センチのクチブトグレを見事釣り上げた。
さらにもう一尾と思った矢先、
風が強くなり海が荒れてきた為、一日目終了。

2日目、サザエ島の“手代のハナレ”という磯からスタート。
ここは、潮の流れが複雑で仕掛けが馴染みにくい。
そこで、田中は仕掛けが馴染ませやすいようハリスを長くする。
すると、掛けた。釣り上げたのは41センチのオナガグレ。
丸々と肥えた一尾。田中も思わずガッツポーズ!

続いて武田もヒット!こちらも約40センチのクチブトグレ。
待ちに待った一尾に満面の笑みを見せる武田。

その後も、二人は40センチオーバーを連発!
状況に合わせ色々な釣り方を試しながら、さらなる大物を狙う。

シーズン本番を迎え、さらに盛り上がる磯釣りの季節。
釣り師の心を熱くする魅力たっぷりの30分。
どうぞ、お楽しみに。

場所/ポイント
長崎県・五島列島(福江島)
取材地連絡先
渡船せいわ
TEL:090-4773-7938