これまでの放送:2017年4月8日

「屋久島の赤い悪魔 レッドモンスターを追え!」

釣ってよし、食べてよし
「イカの王様」と呼ばれるアオリイカ。

従来、アオリイカは1種しかいないと考えられていた。

だが、近年の研究でアカイカ型・シロイカ型・クアイカ型の
3種のアオリイカが生息していることがわかった。

その中でもアカイカ型は最大で5~6キロに成長する大型種。
この巨大アオリイカを通称"レッドモンスター"と呼ぶ。
今回は"レッドモンスター"をエギングで狙う。

アングラーはエギング界のカリスマ、
"ヤマラッピ"こと山田ヒロヒト。

舞台となるのは鹿児島県屋久島。
屋久島は島全域で大型のアオリイカが狙える
実績の高いフィールドだ。

山田も初めて屋久島に訪れた際、
4キロオーバーのレッドモンスターを釣り上げている。

初日北西風が吹き荒れたため、
風裏になる南面の地磯に上がった。

レッドモンスターは圧倒的に夜に釣れることが多い。
夜になると深場から浅場に移動してくるのだという。
その為、日が沈んでから竿を出す。

釣行開始から1時間、山田の竿が大きく曲がる。
およそ2キロの良型を釣り上げた。

しかし、山田曰く「まだ小さい。
せめて3キロいかないとモンスターとは言えない」。
その後、アタリはなく初日を終えた。

2日目も南面の地磯から狙う。
この日、2キロのイカを2杯釣り上げるも、
目標サイズには届かなかった。
「釣れてはいるけど納得のいくサイズではない」。
と山田は言う。

最終日の夜。
北西風がおさまり北面の地磯へ上がった。
大型の実績は圧倒的に北面の方が高い。
「天候や風、潮流などいろんな条件が合わないと
レッドモンスターは釣れない。まさにモンスターやね」

屋久島の赤い悪魔"レッドモンスター"に
全身全霊で挑む。

どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
鹿児島県・屋久島
取材地連絡先
なし