これまでの放送:2018年3月17日

「磯のビッグゲームするするスルルーin鹿児島」

今回は沖縄生まれの釣法'するするスルルー'を紹介する。
キビナゴのことを沖縄ではスルルーと呼ぶ。

そのスルルーをエサに全遊動のするする仕掛けで
沖へ流して大物を狙うという釣りが"するするスルルー"だ。

アングラーはするするスルルーの第一人者、
沖縄県在住の与那嶺功。
地元、沖縄の磯で大型相手にファイトを楽しむ日々の中で、
ある思いを秘めていた。
それは…「沖縄では釣れない魚を釣りたいんです!」と、
与那嶺は笑う。
そんな与那嶺が選んだ今回の舞台は、鹿児島県・甑島。
その理由は、「甑島ってスルルーの産地じゃないですか。
スルルーがいるってことは、それを食べるでっかい魚が絶対いると思うんですよ!」
与那嶺の言う通り、スルルー(キビナゴ)は、甑島の特産品だ。
甑島の大型魚がエサとしている可能性は高い。
これは釣果が期待できそうだ。

釣行初日。
午前6時にポイントへ到着。
「胸おどるって言うんですか、わくわくしますね。」
緊張と期待が入り混じった表情の与那嶺。
まだ辺りが薄暗い中、仕掛けを流す。
すると、いきなり来た!
竿がしなる!
磯の上を走る!

開始早々、激しいファイトが始まった。
果たして・・・。

場所/ポイント
鹿児島県・甑島(こしきしま)
取材地連絡先
蝶栄丸
TEL:090-7925-5130