これまでの放送:2018年3月24日

「ダンゴ釣りの世界 静岡 清水港で狙うクロダイ」

今回はクロダイ(チヌ)のダンゴ釣りを紹介する。
ダンゴ釣りとは、まずマキエのダンゴでポイントを作り、魚を寄せる。
そこへダンゴで包んだサシエを入れる。
ダンゴが割れてサシエにチヌを食わせるという釣りだ。

「ダンゴ釣りの面白いところは集まってくるエサ取りの中から、
いかにクロダイを掛けるか」そう語るのはこの釣りのエキスパート、稲垣昌己。

稲垣は幼少期にダンゴ釣りに魅了され、
今ではカセ(小船)やイカダからのクロダイ釣りに熱中している。
今回は静岡県の清水でカセからクロダイを狙う。

清水では今年の1月上旬から乗っ込みのクロダイが釣れており、
いい状況が続いているという。

出船は午前6時。
10隻ものカセを船頭が一気に引き連れてポイントまで連れて行く。
清水ならではの光景だという。

ポイントに着くと稲垣はすぐにダンゴを投入する。
「このポイント作りが大事」と稲垣は言う。

濁りができ、ポイントができるまで少し待ち、サシエを包んだダンゴを投入。
だが、クロダイのアタリはない。

ここでダンゴに包まずサシエだけを落とす
"落とし込み釣り"に作戦を変える。
「濁りの中心に魚が寄り切っていない。
濁りの外側を狙います。」と稲垣。

ダンゴ釣りと落とし込み釣りを使い分けクロダイのアタリを探す稲垣。
はたして・・・。

場所/ポイント
静岡県静岡市・清水港
取材地連絡先
ふじや釣舟店
TEL:054-352-1704