これまでの放送:2018年3月31日

「狙え!春のデカバス!霞ヶ浦の陸っぱりバスフィッシング」

舞台は、広大な面積を誇る関東の人気バスフィッシングフィールド、霞ヶ浦。

訪れたのは、数々のトーナメントで好成績を残している
バスプロ・橋本卓哉。

今回の狙いはズバリ、オカッパリでの春のデカバス。

3月中旬、春の気配を感じる季節。
産卵を控えたバスが浅場で小魚を荒食いするため、
コンディションが良いデカバスを狙える絶好のシーズンだ。
そこでカギを握るのが、風。
春の強い風によって小魚が岸際に寄せられ、それをバスが捕食するという。

初日、霞ヶ浦の東側にある北浦からスタート。
小魚が寄りやすい水中の岩や護岸沿いをハードルアーで丁寧に攻めていく。
今回、橋本はワームを使わず、ハードルアーを巻いて釣ることにこだわる。
しかし、期待していた風が吹かない。
早い見切りでポイント移動を繰り返し、バスを追い詰める。

2日目、初日とは打って変わって冷たい雨が打ち付け、強風が吹き荒れる。
波を正面から受けながら、ミノーで丁寧に探っていくこと数時間…
ついに、強烈な引きが橋本を襲う!
そして、丸々太った魚体が姿を見せた!
激しい突っ込みに耐えながらネットイン!
と同時に「おっしゃーーーー!!」と
喜びを爆発させた。苦労が報われる瞬間だ!

デカバスを狙って釣る、
春のバスフィッシングの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
茨城県・霞ヶ浦水系
取材地連絡先
なし