これまでの放送:2018年4月14日

「春爛漫!電動タイラバで狙う大鯛」

仕掛けを海底まで落とし、ただ巻くだけでマダイが釣れる"タイラバ"。

今回、舞台となるのは九州北部の玄界灘。
中でも水深100メートル以上の深場を、電動リールを使った"電動タイラバ"で狙う。
アングラーは瀬戸内を中心にタイラバを楽しんでいる広島県在住の後迫正憲。
そして博多の釣りガール、みっぴでお馴染み秋丸美帆。

午前5時半、福岡市内の港から出船。
走ること約2時間、ポイントに到着。
水深は103メートル。
まず後迫は120グラムのオモリ、秋丸は150グラムのオモリでスタート。
後迫は軽めの仕掛けで流していき、斜めに引いて広範囲を探る。

一方、秋丸は重めの仕掛けで真下に落として狙う。
開始早々、秋丸にアタリが。
釣れたのはキダイ。
本命ではないものの一投目のヒットに喜ぶ秋丸。

すると、今度は後迫がヒット。
釣り上げたのは本命のマダイ。
およそ30センチ、桜色のきれいな一尾。
さらに後迫が連発。今度は54センチのナイスサイズをキャッチ。
秋丸も負けじと約40センチのマダイをキャッチした。
序盤からヒット連発の2人。
さらにサイズアップを狙う。
その時、秋丸に大きなアタリが。
竿がしなりラインが出される。
大ダイ登場か。
果たして・・・。

場所/ポイント
福岡・玄界灘
取材地連絡先
飛燕さくら丸
TEL:090-4982-5459