これまでの放送:2018年4月21日

「出るか大鯛!乗っ込みのコマセマダイ」

寒さも和らぎ、桜前線の上昇とともに海の中にも春が訪れる。
乗っ込みシーズンの到来だ!

この時期、マダイは深場から産卵に適した浅場に移動し、
盛んに餌を捕食する。そのため最も成熟した大鯛に出会える絶好のシーズンなのだ!

乗っ込みシーズンの開幕を聞きつけやってきたアングラーは、
宮澤幸則と石塚広行の2人。舞台は西伊豆、土肥港。

マダイと言えば、テンヤやタイラバなど様々な釣り方があるが、
今回は古くから人気の高いコマセ釣りでマダイを狙う。

釣り方はコマセと呼ばれる撒き餌を撒き、その中に刺し餌を同調させて釣る。
撒き餌に寄ってきたマダイに違和感なく食わせることが重要になってくる。
コマセに刺し餌がしっかり同調しているか水中を
イメージしながら仕掛けを操るのが釣り人の腕の見せ所だ。

午前7時、ポイントに到着。
船長の合図で一斉に仕掛けを投入!
指示ダナの少し下まで落とし、そこから竿を大きく煽り、
コマセを撒いてマダイを誘う。
後は指示ダナで止めて置き竿でマダイが食ってくるのを待つだけ。
だが、この日はエサ取りが多い。
さらに湧き潮という下から湧き上がる潮の影響でコマセに仕掛けを上手く同調できない。
そこで2人はコマセの振り方、仕掛け、誘い方に様々な工夫を凝らしていく。

果たして2人はヒットパターンを見つけ出し
乗っ込みの大鯛に出会うことが出来るのか!?
奥深いコマセマダイの魅力が詰まった30分! どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
静岡県・土肥港
取材地連絡先
とび島丸
0558-99-0159