これまでの放送:2018年9月15日

「エビングで狙う 相模湾のキハダ」

今回は豪快なファイトで釣り人を魅了するキハダをエビングで狙う!
エビングの考案者・村越正海と、エビングのスペシャリスト栗山佳尚。
そして、エビング専用ロッドの開発に携わる富樫祐毅という強力な布陣でキハダに挑む!

エビングとは、沖縄の漁師の釣法をヒントに村越があみ出した釣法。
直線テンビンにメタルジグをセットし、リーダーを介して
フックに小型ソフトルアーを付けた仕掛けで、水中を漂う小型ベイトを演出する。
コマセで釣れないときやメタルジグで釣れないときなど、
どうにもならない時に有効な釣り方として多くのアングラーが注目している。

舞台は首都圏にも近い神奈川県・相模湾。
11年前からキハダが釣れ始め、今では多くのアングラーが夢を抱き訪れる。
早朝、港はキハダを狙う多くの釣り人で活気づいていた。

沖に出ると船長が魚探や無線の情報を頼りにキハダの居場所を絞り込んでいく。
船長の合図で実釣開始!
指示ダナの少し下からシャクリを入れ、アタリを待つ。
すると、周りの船でキハダらしきヒットが連発!
さらに船の周りでカツオ、
キハダのナブラが始まった!絶好のチャンスだ!
そして、待望のヒット!ラインが一気に出され、
ロッドが弧を描き水中に引きずりこまれる!
キハダに違いない!
強烈な引きがアングラーに容赦なく襲いかかる!
長い戦いの末、上がってきたのは20キロを優に超えるキハダ!
ネットインした瞬間、船上は歓喜に湧いた!

考案者直伝のエビングのすべてをご紹介!
キハダを追い求めるアングラーに贈る30分。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
相模湾
取材地連絡先
庄三郎丸
0463-21-1012