これまでの放送:2018年11月3日

「秋磯シーズン開幕!愛媛 グレ釣り」

10月は磯釣り師にとって、心躍る季節。
待ちに待った秋磯シーズンが開幕する。
今回はエキスパート2人が、それぞれのアプローチで、開幕したばかりの秋磯に挑む。

メインターゲットは、磯釣り界のスター、グレ。
秋磯開幕直後のこの時期は、グレを釣るにはエサとりが多く、釣りが難しい。
しかも良型サイズも出にくい。
そんな中、エキスパート達は秋磯をどう攻略するのか!?

フィールドは愛媛県宇和島市の御五神島(おいつかみじま)。
大分県と愛媛県に挟まれた水道、豊後水道。
その愛媛県側の水域である、宇和海(うわかい)に浮かぶ島である。
アングラーは田中貴と山元隆史。
熊本在住の田中貴は過去、グレ釣りにおける最高峰の大会・グレマスターズ
3連覇を含む計5回もの優勝経験がある、グレ釣り界のトップオブトップ。
海の状況に応じた的確な攻めとスピーディーな釣りで、効率よくグレを釣る。
あらゆる磯で釣果を出してきたトップトーナメンターは、アウェーの地、
愛媛の御五神島をどう攻略するのか。

一方、徳島在住の山元隆史はグレの「型」にこだわる男。
大型のグレを純粋に、真っ直ぐに追い求めるロマンチストなグレ釣り師。
長崎県男女群島(だんじょぐんとう)では69.3cm
愛媛県中泊(なかどまり)で65cmの大物を仕留めている。
型の出にくいとされる、この時期、地元四国の磯で良型ゲットに挑む。

釣行初日、期待に胸を膨らませ、沖磯へと向かう。
エサを作り、仕掛けをつけ、いよいよ一投目。
田中は得意のオモリをつけない釣り方でスタート。
田中にとって御五神島は初めてのフィールドで
以前から訪れてみたかったというが、初めての地でもまずはいつも通りの釣り方で攻める。
山元は比較的太めのラインを使い、
サイズの良いグレがかかっても対応出来る仕掛けでスタートする。

果たして、2人はグレに巡り会えるのか?
愛媛の秋磯にはどんなドラマが待っているのか?

場所/ポイント
愛媛県宇和島市・御五神島(おいつかみじま)
取材地連絡先
うえむら渡船 
TEL:0895-35-0605