これまでの放送:2019年3月30日

「出るか、大マサ!長崎平戸沖のジギング」

その強烈の引きと鮮烈な走りで釣り人から"海のスプリンター"と呼ばれるヒラマサ。
根に潜る習性があり、ヒットしても釣り上げることが難しく、
10キロを超す大型ともなれば、かなりの難敵。
20キロを越す大型は大マサとも呼ばれ、釣り人の憧れだ。

今回はメタルジグを使ったジギングで狙う。
舞台となるのは長崎県平戸沖。
黒潮の影響で魚影が濃く、ヒラマサを始め大型青物の実績が高い。
20キロ~30キロの大マサを狙える人気のフィールドだ。
やってきたジギングのエキスパート2人。

関東、外房エリアをホームグラウンドとする富樫祐毅。
そして、番組初登場となる末永知也。
末永は九州北部、特に平戸のエリアのオフショアに精通する若手アングラーだ。

3月上旬、平戸市の早福港から出船。
「ヒラマサはこの時期になると中層付近にいることが多い、
キャストして斜めに引く方がいい」と末永。
ジグをキャストし広範囲に探る。
すると、末永の竿にアタリが!強烈な青物の引き…。
釣り上げたのは4キロクラスのヒラマサだった。
「いい反応が出ています。連続で来ると思います。」と船長。
すると、またも末永にヒット。
そして富樫にも…。
2人とも4キロクラスのヒラマサをキャッチ。
「黄色いヒレとラインがカッコいい」と、美しい魚体に喜ぶ富樫。

その後、2人は4キロ~5キロクラスのヒラマサを連発。
しかし「この海はもっと大きいのがいる」と末永は言う。
「段々とヒットゾーンが上がってきている。
今、海の状況はすごくいい。」期待が高まる。
その時、ガツン!!末永に強いアタリが!竿が弧を描く…。
さらに、富樫にも!
ドラグが滑りラインが出る。
ついに大マサか!?

どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
長崎県・平戸沖
取材地連絡先
幸漁丸
TEL:090-4359-6524