これまでの放送:2019年6月8日

「エギング界のカリスマ 和歌山でデカイカを狙う」

エギと呼ばれる疑似餌を使うイカ釣り。
その名も"エギング"。
ショアから手軽できるため人気の高い釣りだ
今回はエギングで初夏のデカイカを狙う。

アングラーは、エギング界のカリスマ、ヤマラッピこと、山田ヒロヒト。
舞台となるのは和歌山県紀伊半島の東、"紀伊田原"。

一般的にエギングのハイシーズンは、
春と秋とされ、春は大型、秋は数釣りが楽しめる。
紀伊田原は6月まで良型のアオリイカが狙える人気のエリアだ。
「僕もここ(紀伊田原)は好きな場所ですね。
前に来た時、大きいの釣らしてもらってるんで」。
以前、山田はここを訪れた時に2キロクラスの大物を仕留めたという。

釣行初日、午前5時。
下田原港を出船し、約5分で"沖のトノ島"という磯へ。
紀伊田原で大型の実績が高い一級磯だ。
しかし、この日は朝から風とうねりで、釣りをするには難しい状況。

午前7時、満潮の時間帯で磯変わりして、
子イカを1杯キャッチするも後が続かない。
そして、反応ないまま午後4時を迎えた。

山田は対岸の磯際に潮目を発見し、そこに向かってキャスト。
すると、山田の竿にアタリが。
しかし、痛恨のバラシ…。
「やってもうた」と悔しがる山田。
「まだ近くにいると思う」と同じポイントにキャスト。
すると、キタ!竿が弧を描く。
ヒットしたのは約900gのメスのアオリイカ。
まずまずのサイズに思わず笑みがこぼれる。
「メスがいるということは、これより大きいオスがいるはず」と
サイズアップを狙い再び、同じポイントを攻める山田。

果たして…。
カリスマが魅せる和歌山でのエギング釣行。
どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
和歌山県・串本
取材地連絡先
宮本渡船
TEL:0735-74-0331