これまでの放送:2019年6月29日

「高級魚連発!伊勢湾のコマセ&泳がせ」

今回のフィールドは三重県と愛知県に挟まれた伊勢湾。
ここは、地形の変化に富んでおり魚種が多く、
年間を通して沖釣りを楽しむことができる。
東海エリアを代表する人気フィールドだ。
今回は、"泳がせ釣り"をメインに沖釣りで伊勢湾の海を遊び尽くす。
アングラーは、日本を代表する女性アングラー、児島玲子。
そして、番組初登場となる鈴木泰成。

鈴木はカワハギ釣りのトーナメントで優勝経験のあるカワハギ釣りの名手。
オフシーズンには東海エリアを中心に沖釣りを楽しんでいる。
「伊勢湾は魚種も多いけど、サイズもいい。
昨日も70㎝のマダイが上がってます。」と鈴木。
これを聞いた児島は「スゴイ。
何が釣れるか楽しみです」と、期待に胸を膨らませる。

まずはコマセ釣りでいろいろな魚を狙う。
「イサキやマダイ、いろいろな魚が狙える」と船長は言う。
その言葉通り、イサキやチダイ、マハタなど様々なゲストが登場。
この釣果に「うれしいゲストばっかりですね」と児島。

後半は"泳がせ釣り"で楽しむ。
生きたエサ使うため、大型のフィッシュイーターも狙えるという。
小サバをセットして仕掛けを投入。
すると、児島にヒット。
泳がせ釣り、1尾目はヒラメ。
そしてこれを皮切りにヒットを連発。
イナダやマゴチ、カサゴを次々とキャッチ。
鈴木も児島に負けじと、サワラやニベを釣り上げる。
多種多様な魚に船上は大盛り上り!
「魚が勝手に動いてくれるんで、誘いを入れなくてもいい。
アタリがあって竿が"ギューン"ってなる瞬間がたまらない」と鈴木は楽しそうに話す。
豊富な魚種、何が食ってくるかわからない面白さ。
沖釣りの魅力が詰まった30分。

どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
愛知県・伊良湖水道
取材地連絡先
第2高進丸
【TEL】0569-63-1261