これまでの放送:2019年7月20日

「1800回記念 日本最南端 波照間島 最高峰のショアキャスティングゲーム」

今回のTHEフィッシングは1800回記念特別番組。
訪れたのは、番組36年の歴史の中で、
初上陸となる日本最南端の有人島・波照間島。
「ハテルマブルー」と呼ばれる透明度の高い紺碧の海が釣り人の冒険心をそそる。
アングラーは、ソルトルアーフィッシングのパイオニア、村越正海。

1983年の放送1年目から日本はもとより世界中の様々な魚を釣り上げ、
釣り文化の発展に尽力してきた第一人者だ。
この未開の地でショアからのキャスティングゲームを展開。
南国ならではの魚たちが歓迎してくれる。

そして、この島は、ショアゲーム最高峰のあのターゲットのポイントとして名高い。
ロウニンアジ、通称GTだ。
ルアーマンなら誰もが憧れる大型のファイター。
だが、今回はショアからの釣り。
掛けるのも難しいが、掛けてからの取り込みも困難を極める。
村越「ショアのターゲットとしては、最強の相手です」
究極のゲームフィッシュにして最高峰のターゲットだ。

リーフ周りや磯など、自らの足と目でポイントを探していく。
その作業も釣りの一部だと村越は言う。
ポイントを絞り込むとひたすらキャストを繰り返す。
日常の喧騒を忘れ、釣りに没頭するなんとも贅沢な時間。
水面で泡をまとって泳ぐルアーが突如、姿を消し、飛沫が上がる。
そして魚とのファイトが始まった――。
村越正海が南の楽園で繰り広げた熱い4日間の釣行記。
どうぞお楽しみに。

場所/ポイント
沖縄県・波照間島(はてるまじま)
取材地連絡先
なし