これまでの放送:2019年9月14日

「東北 秋田で大爆釣 進化するタイラバゲーム」

いま、東北であるルアーゲームが注目を集めている。
それは"タイラバ"。
タイラバとはマダイ釣り専用のルアー。

仕掛けを海底に落として、ただ巻くだけで簡単にマダイが釣れる。
使うのはヘッドと呼ばれるオモリ。
スカート、ネクタイと呼ばれるラバー。
それぞれのパーツをアングラーの好みで
自由に組み替えることができる。
そして、そのタイラバがいま東北で面白いように
マダイが釣れると人気を博している。

今回、話題のエリアでタイラバを楽しもうと
やってきた2人のアングラー。
ソルトルアーフィッシングのパイオニア、村越正海。
そして、タイラバのスペシャリスト、中井一誠。

舞台は秋田県の男鹿半島。
以前、このエリアを訪れた中井は
「ここは魚が多くてサイズもいい」と言う。
期待に胸を膨らませ出船。
ポイントとなるのは男鹿半島の北部に広がる男鹿沖。

2人はまず、スピニングタックルで広範囲に探っていく。
すると、中井にヒット。
釣り上げたのは高級魚のアカアマダイ。
うれしいゲストの登場に
「やったー!大好きなやつ」と満面の笑み。

今度も中井に来た。
次は本命のマダイをキャッチ。
約52センチのナイスサイズ。
すると、中井はある一手を打つ。
磯釣りなどに使われるレバーブレーキ付きのリールに持ち替えた。
「これ使うとええこと尽くめなんです」と中井。
果たして、どんな釣りをみせてくれるのか。

一方の村越。
約43センチのマダイをキャッチするも後が続かない。
と、その時。
「来た!来ました!」村越ヒット!
竿がしなりラインが出される。

果たして、大ダイか!?
新しいタイラバゲームの魅力が詰まった30分。
どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
秋田県・男鹿半島沖(おがはんとうおき)
取材地連絡先
館山丸
TEL:0185-33-2702