これまでの放送:2019年9月28日

「最高の1枚を求めて秋のヘラブナ釣り」

1本のウキの動きからその日の攻略法を導き出す。
日本生まれのゲームフィッシング・ヘラブナ釣り。
アングラーは、幼少の頃からヘラブナ釣り一筋の生井澤聡。
今回、生井澤の掲げるテーマは、
シチュエーションの異なる2つの湖で
ヘラブナの引き味を堪能すること。

まず訪れたのは、深緑の中にひっそりと佇む長野県・田川浦湖。
生井澤は水深1.5mの浅い場所に入る。
7尺の短い竿を使い、底釣りを楽しむことに。
狙うポイントにエサを打ち、魚を寄せる。
エサを打ち始めて数投、ウキに変化が。
ヘラブナ釣りはこのウキの動きから魚やエサの状況を読み取る。
ウキを介して、ヘラブナとの駆け引きを楽しむ。
それがこの釣りの醍醐味。
ウキがツンッ!っと水面に引き込まれた。
すぐさまアワセを入れる。7尺の短い竿が美しい弧を描く。
上がってきたのは体高のある美しい魚体!

続いて訪れたのは山梨県の千代田湖。
ここは「信玄ベラ」と呼ばれる肉厚で肩の張った
野武士のような大型のヘラブナに出会えるのが魅力だ。
前日に降った冷たい雨の影響で、湖畔は秋の気配が深まっている。
冷たい雨の水を嫌って、ヘラブナは中層に浮いていると読んだ生井澤。
前日とは異なる15尺の竿を使い、浅ダナでヘラブナの引きを楽しむことに。
「これで釣れたら、格別だね!」
自分の読み通りに釣れた1枚は格別だという生井澤。
果たして、その読みは的中するのか!?

7尺の底釣り、15尺の宙釣りと全く異なる釣り方で
ヘラブナのヒキを堪能した今回の釣行。
生井澤はどの様にしてヘラブナを攻略して行ったのか!?
ヘラブナ釣りの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
長野県・田川浦湖 山梨県・千代田湖
取材地連絡先
みどり湖管理棟
【TEL】0263-56-2115


千代田湖 千和
【TEL】055-251-8444
【URL】http://senwa.sakura.ne.jp