これまでの放送:2020年2月29日

「必見!名手の攻略術 瀬戸内海で狙う寒チヌ」

「このエリアは初めてですね。
どういう潮の流れなのか、でも釣りますよ」
磯の上から海を見ながら男は力強く言った。
彼の名は木村公治。広島県在住のチヌ釣りの名手だ。
昨年、全国規模のチヌ釣りトーナメントで優勝した、
いま最も注目されているトーナメンターだ。
「この時期、ピンポイントに狙わないと魚は食ってこない。」
まだ厳しい寒さが続くこの時期はチヌの食い気は低い。
いかにチヌにアプローチしていくのか。
名手の一挙手一投足に注目する。

今回、舞台となるのは香川県の西に位置する荘内半島(しょうないはんとう)。
釣り方はマキエで魚を寄せて、サシエで食わす。
いわゆるフカセ釣り。

まずはネリエを使う。
朝一番、木村は沖の落ち込みにキャスト。
この時期チヌは底付近にいることが多いが、
朝はエサを求めて浮いていることもある。
木村はオモリを使わず上から下までじっくり探る。
すると、食った。
竿がキレイな弧を描く。
足元に生い茂る藻を気にしながら慎重に引き寄せる。
釣れたのは本命チヌ。背ビレがピンと立った良い一尾だ。
「着底してすぐ!嬉しいな」と笑顔の木村。
そして、ここから木村はヒットを連発。
40センチオーバーの良型を含むチヌ3尾を立て続けにキャッチ。
釣り始めて1時間で4尾を釣り上げた。
絶好調の木村「ネリエで重要なのは魚が出てくるタイミング。
マキエの所に精度よくキャストすること。それが大事」と木村は言う。
すると「来た!これはデカいぞ」今までよりも力強いヒキ、木村の手に力が入る。
しかし、ハリが外れてしまった…。
悔しそうな木村「あーもったいない。まだ食いますよ。」
木村の闘志に火が付いた。
再度、沖を狙う。果たして…。
名手がみせる寒チヌ攻略術。
現役チャンピオンのテクニックは必見。 どうぞお楽しみ!

場所/ポイント
香川県 三豊市 ・荘内半島
取材地連絡先
森渡船
【TEL】090-7626-4903