これまでの放送:2020年4月18日

「ネイティブトラウトフィッシング 早春の美しきアマゴを求めて」

春、緑は芽吹き、生き物が活発に動き出す。
水の中の世界も同様、渓流魚たちも岩の隙間から顔を出す。
ネイティブトラウトを狙える季節の到来だ。

舞台は3月に解禁したばかりの岐阜県の飛騨川水系。
冬の間、顔を見ることができなかった渓流魚たちを狙っていく。

アングラーは小林将大。
子どもの頃、何度も開いた魚図鑑で渓流魚へ強い憧れを抱き、
大学時代はマス類の研究に没頭。
時間を見つけては近くの河川で釣りの腕を磨いたという。
技術と学術的知識を併せ持つ、ネイティブトラウト釣りのエキスパートだ。

解禁したとはいえ、早春。
水温はまだ低いため、魚の活性もそれほど高くはない。
川底や岩などに魚がついていると小林は予想。
卓越したキャストテクニックで、
岩と岩の間や落ち込みなどを丁寧に探っていく。
すると、小林の操るルアーがひったくられた!
ヒットしたのはアマゴ!
しかも、良型だ。
淡い青色の斑紋が並んだ魚体に、
朱色の斑点が散りばめられた魚体が美しい。
久しぶりに顔を見たアマゴに笑みがこぼれる。

その後も釣り上げるたびに、魚体を見て笑みを浮かべる。
それもそのはず、同じ魚でも1尾、1尾、顔つきや色合い、模様が異なる渓流魚。
釣り上げた魚の美しさを"見て楽しむ"ことができるのも、この釣りの魅力だ。

大自然に育まれたアマゴの迫力のヒットシーンは必見!
どうぞお楽しみに。

場所/ポイント
岐阜県・飛騨川水系
取材地連絡先
飛騨川漁業協同組合
【TEL】0574-72-1029