これまでの放送:2020年8月1日

「釣り×温泉×美食!夏の瀬戸内海を遊びつくす」

今回は夏の瀬戸内海を満喫できる贅沢な釣り旅を紹介する。
釣りと温泉と食事がセットになった贅沢でお得なプラン。

舞台となるのは岡山県玉野市・宇野。
ここでは港のすぐ隣にある温泉施設で釣った魚を捌いてもらえる。
また宇野港の目と鼻の先にはアートの島として人気の直島があり、
フェリーで簡単にアクセスできる観光地としては絶好の場所。

釣りが終われば、温泉で疲れた体を癒し、
釣ったばかりの魚を堪能でき、夢のような釣り旅が味わえる。
家族連れや女子だけでも楽しめると注目を集めている。

アングラーは福岡在住のマルチアングラー秋丸美帆。
もう1人は、大阪在住の釣りガール、竹内麻純。

狙うは高級魚のマダイ。
色形が美しく、味も良い。

また瀬戸内海のマダイは速い潮に鍛えられ筋肉質でうま味が強い。
「鳴門」や「明石」などブランドものが多く、日本でも有数のマダイの好漁場だ。

釣り方はタイラバ。
仕掛けを落とし、一定のスピードで巻くだけでマダイが釣れる。
初心者や女子供でも手軽に楽しめるとして人気の釣りだ。
「瀬戸内=マダイのイメージ。 筋肉質で美味しいって聞くので楽しみ」
と始まる前から楽しみで笑顔が絶えない2人。

港を出船し、約10分でポイントに到着。水深は20メートル。
まずは仕掛けを落とし、ゆっくり巻き上げる。
「探れる範囲が狭いのでなるべくじっくり見せたい」と秋丸。
底層をじっくり探ると、ヒット!釣れたのは本命のマダイ。
約20センチと可愛いサイズ。
「浅い場所のマダイは横に走るからよく引く」と、小振りだが引き味のいい一尾だった。

すると、今度は竹内に来た!
ドラグが鳴り、ラインが出る。
釣れたのは41センチのマダイ。
「びっくりしたけど、楽しかった」と満面の笑み。
その後も2人はコンスタントに釣果を伸ばしていく。

そして、釣りの後は温泉で疲れを癒し、マダイ尽くしの豪華料理を堪能。
「こんな感じの釣り旅いいな。
釣り以外も楽しめる」と秋丸。
竹内も「釣りしない友達も誘いやすい。また来たい」と2人とも大満足。

釣りに温泉に料理と見所満載の30分。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
岡山県玉野市・直島沖(なおしま)
取材地連絡先
瀬戸内フィッシングツアーズ
【TEL】090-9505-0204