これまでの放送:2020年9月19日

「釣って食べて大満足!!木崎湖のボートワカサギ釣り」

今回は釣って楽しい!食べて美味しい!
夏も楽しめるワカサギ釣りを紹介する。
ワカサギといえば、氷の上に穴を開ける氷上釣りや
湖上に浮かんだビニールハウスで行うドーム船のイメージが強いが、
今回はボートで狙う。

舞台となるのは長野県・木崎湖。
ここではドーム船よりボートの方が主流だ。
水質が良く、山に囲まれていて景観も良い。
夏は山が緑に染まり、秋は紅葉、
冬は雪景色と季節により様々な景色に彩られ、
一年を通してワカサギ釣りが楽しめる。

そんな木崎湖でボートワカサギを楽しもうと
やって来た2人のワカサギフリーク。

カワハギやマルイカなどテクニカル系の釣りを得意とする、
宮澤幸則。
ワカサギ釣り仕掛けの開発にも携わる名手。
そして、30年以上のキャリアを持つ千島克也。
自己記録は1日3000尾以上を釣り上げたこともある、
この釣りのスペシャリストだ。

「ワカサギって冬が旬と言われてますけど、
実は夏の方が脂がのっていてすごく美味しい」と千島。
それを聞いた宮澤は
「この釣りは最後に食べるまでが醍醐味。すごく楽しみです」
と期待に胸を膨らませる。

朝一番、2人はワカサギの反応をみるため、
底から中層付近まで幅広く探る。
すると早速、宮澤にヒット。
いきなり4点掛けに成功。
負けじと千島も掛けた。
一尾ながら約8cmのナイスサイズ。
朝からコンスタントに釣り上げていく二人。
だが、しばらくするとアタリが遠のいた。
そこで「反応がなくなったら移動。
こうやってポイントを探していくのも
“宝探し”みたいで面白い」とボート釣りの利点を存分に活かしていく。

「風も気持ちいいし、景色もキレイだし、
ボートがこんなに楽しいとは」と笑顔の絶えない宮澤。

そして、釣りを存分に楽しんだ後は釣ったばかりの
ワカサギを塩焼きと天ぷらに。

絶景を満喫しながら自由気ままに遊べるボートワカサギ。
釣っても食べても楽しめる、
ワカサギ釣りの魅力が詰まった 30分。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
長野県・木崎湖(きざきこ)
取材地連絡先
レンタルボート牡丹屋
【TEL】090-2215-9251