これまでの放送:2021年9月11日

「相模湾の夏 キハダ釣行記2021」

多くの釣り人で賑わう、夏の相模湾。
中でも、一番の大物と言われるのがキハダだ。
20キロを超える巨体、マグロ特有のスピードある走りは、多くのアングラーを魅了する。
そのキハダを高確率で仕留める釣法として人気を集めているのが“エビング”。
エビングとは、直線テンビンにメタルジグをセットし、
リーダーを介してフックに小型ルアーを付けた仕掛けで、水中を漂うベイトを演出する釣り方。

今回は、エビングの考案者・村越正海と、
その村越を師と仰ぐエビングのエキスパート・栗山佳尚がタッグを組み、
難敵・相模湾のキハダに挑み続けた一夏の密着ドキュメントをお送りする。

最初の釣行は、8月初旬。
船を走らせていると、突如キハダのボイルが!期待が高まる。
すぐに仕掛けを投入し、ロッドをしゃくる。
「きた!」
なんと、1投目からヒット!上がってきたのは、キハダの若魚キメジ。
一般的に20キロ以上に成長した個体をキハダと呼ぶ。
釣り上げたのは3キロほどだった。

その後も、カツオやキメジは釣れるものの、20キロを超えるキハダは食ってこない。
そもそも、キハダは一夏に一尾釣れれば上等と言われるほどの難敵。
日を改め、何度も船に乗りキハダに挑み続ける。

その瞬間が訪れたのは、お盆を過ぎた頃だった。
突如として鳴り響くドラグ音!
キハダとの壮絶なファイトが始まった!
飽くなき挑戦を繰り返し、見事キハダを仕留めるまでの全記録。
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
神奈川県 相模湾
取材地連絡先
庄三郎丸
【TEL】0463-21-1012