これまでの放送:2021年11月6日

「爆釣!ランカーサイズ連発!!九頭竜川 シーバスゲーム」

今回は秋のリバーシーバスゲーム。
冬から春にかけての産卵に備え、
シーバスはこの時期体力を蓄えるためエサを大量に捕食する。
そのため、数、サイズともに1年で最も釣りやすくなるベストシーズンだ。

今回のフィールドは、福井県・九頭竜川。
春はサクラマス、夏は鮎釣りで有名だが、
シーバスも豊富なベイトを求め、この川を遡上してくる。

アングラーは、激戦区・東京湾奥のスペシャリスト、大野ゆうき。
九頭竜川のコンディションの良い大型シーバスを求めてやってきた。

日中から釣り開始。
最初に入ったポイントは、本流と支流の合流地点。
前日の雨の影響で支流からは濁った水が出ており、
透明度の高い本流と濁った支流の水によって沖に境界線がくっきりと出ている。
こういった場所にはベイトが溜まりやすく、
そのベイトを求め、シーバスが集まって来る。

まずは、表層を引くルアーで攻める。
すると、わずか数投で尾ビレを出して豪快にバイト!
なんと、開始早々ランカーサイズを釣り上げた!

その後もルアーをローテーションさせ次々とシーバスを釣り上げていく大野。
そこには、より深いバイトを得るための独自の理論があった。
そして、再び強烈なバイト!豪快にエラ洗いする姿はかなりのサイズだ!!

果たして、サイズアップなるか!?
迫力満点のファイトシーン満載!
シーバスゲームのスペシャリストによる戦略をご紹介!
どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
福井県・九頭竜川
取材地連絡先
なし