これまでの放送:2021年12月18日

「必釣!名手の戦略 宮崎県北浦のグレ釣り」

冬、いよいよ本格的なグレ釣りのシーズンが始まる。
舞台となるのは宮崎県北部に位置する北浦。
ここは九州と四国の間を流れる豊後水道の影響で1年を通して魚影が濃い。
さらに北浦は、北風が吹き、天候が荒れやすい冬でも、
風裏にあたるため、高い確率で釣りをすることができる。
九州屈指の磯釣りの人気フィールドだ。

アングラーは、田中貴。
国内最大規模のグレ釣りトーナメントを幾度となく制している、
グレ釣りのスペシャリストだ。
北浦には毎年、足を運んでいるというが今年は初めてだという。
「北浦は1年振り。どんな釣りになるのか楽しみです」と、期待に胸を膨らませる田中。

午前6時、日の出が磯を照らし始めると、
田中も竿を出す。
釣り方はマキエとサシエを同調させて釣る、いわゆるフカセ釣りだ。
まずは、5メートル先の潮目を狙って仕掛けを投入。
すると、いきなりヒット。
一投目から本命、グレをキャッチ。
「この時期はこのサイズが多い。
ここからサイズを上げていきましょう」と田中。
だが、その後もヒットはあるが、なかなかサイズが伸びない。
そこで、仕掛けを変更。“2段ウキ”に変えて狙ってみる。
「今日は、魚のアタリが小さい。
2段ウキなら小さいアタリでもわかりやすい」と田中は言う。
手を変え品を変えながら、着実に釣果とサイズを上げていく田中。

すると、いきなり強烈なアタリが。
竿が大きく弧を描く。
根に当たらないよう、慎重にやり取りする。
姿を見せたのは、40センチオーバーのグレ。
丸々と太った重量感のある一尾を見事キャッチした。
「まだ大きいのいますよ。狙っていきましょう」と、さらなる大物を狙う。

最強トーナメンターが見せる、北浦のグレ釣り。
良型グレを手にするためのテクニックは必見!

どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
宮崎県延岡市・北浦
取材地連絡先
喜福丸
【TEL】090-8831-0473